2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要

旧労働省(現・厚生労働省)所管特殊法人の雇用促進事業団が、雇用保険法に基づいた勤労者向けの福祉施設として建設し、1973年6月1日に開業。正式名称は『全国勤労青少年会館』で、中野駅北口から至近距離で、施設運営は当初から黒字だった。

施設としてはホテル、オフィス、レストラン、式場、コンサートホール、イベントホールなど多数の施設を内包し、加えて公営施設ならではとして図書館や若者の職業相談を担当する「サンプラザ相談センター」も併設されていた。

この施設は公益事業であり、営利を求められてはいなかったが、利益が見込める施設として、民間への譲渡が求められ、勤労者福祉施設の廃止に伴い売却が決定された。そして2004年11月、地元の中野区と金融機関・企業等が出資して設立された所有会社「株式会社まちづくり中野21」に52億9987万円で売却された。運営は並行して設立された「株式会社中野サンプラザ」が行うこととされ、売却の翌12月より運営を開始した。なお、民営化により図書室および職業相談所「サンプラザ相談センター」は前年の2003年に閉鎖されている。

しかし老朽化は確かで、2018年に当時の中野区長・酒井直人はサンプラザを含めた中野駅周辺の再開発を明言し、再開発の準備が始まった。そして2021年にサンプラザ再開発の議定書が締結され、現在のサンプラザは2023年7月に閉鎖されることが発表された。

後継施設は「中野サンプラザシティ」であり、超高層ビルの形態こそ同じであるが、商業施設が中心となる点は大きく異なっている。完成は2028年度の予定。

関連タグ

中野区 雇用促進事業団

丸井 - 昭和期から2000年代初頭まで、中野サンプラザにて「丸井試写会」として映画の試写会を行っていた。ちなみに丸井はサンプラザとは駅を挟んだ反対側の南口に本店がある。
サンプラザ中野くん:芸名の元ネタが中野サンプラザ

関連記事

親記事

中野区 なかのく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「中野サンプラザ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 258

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました