ピクシブ百科事典

井川ひろゆき

いがわひろゆき

『天_天和通りの快男児』のサブキャラクター及び、同スピンオフ作品『HERO~アカギの遺志を継ぐ男~』の主人公である。
目次[非表示]

年表

赤木しげるの年表を参考の下、作中の年齢表記等を参考に逆算して作成。

1970年(昭和45年) 井川ひろゆき誕生
1987年(昭和62年)冬頃大学入試に向けて学費小遣い稼ぎを目的に麻雀で荒稼ぎをしていた所に雀荘「ミナミ」にて、天貴史と出会う
1988年(昭和63年)春頃雀荘「竜」にて、やくざの沢田を相手に圧勝。沢田に気に入られ代打ちとなる
 料亭「三ヶ月」での半荘60回勝負にて、赤木しげると出会う。同勝負終了後、沢田と天の勧めで代打ちを降りカタギの生活へと戻る
1990年(平成2年)冬頃大阪の雀荘「南風」にてと出会い、裏プロ東西対決への参加を勧められる。しかし東軍大将の天とバックアップの沢田に止められ、参加試験にも不合格だったため一度は断念
 天や沢田が、「皆目見当もつかなかった」赤木しげるの居場所を何故か突き止めた挙句、口説き落として東軍への参加の口添えをして貰い、晴れて東軍メンバーとなる
 都内某ホテルで行われた裏プロ東西対決が終わり、それと同時に自分の雀力の限界を感じて麻雀から離れる。
1999年(平成11年)9月サラリーマンとして働いていたひろゆきが赤木しげる告別式の報せを受け、赤木告別式へ。告別式後に会社を退職
2002年(平成14年)2月「天」最終話「欠片」にて、「おじいちゃんおばあちゃん達に麻雀を教える講師」としての収入を軸に、雀荘に迷惑をかけるチンピラとの真剣勝負も行う「雀ゴロもどき」となる
9月雀荘「さわだ」にて、天との麻雀24時間一徹勝負の終了間際に天が行方不明になる。天を探しているやぎゅうキヨマロにより、沢田を人質にされ一週間以内に天を探すこととなる

概要

井川ひろゆきは最初「」のサブ主人公的キャラクターとして登場した。その後、
」のスピンオフ作品として、井川ひろゆきを主人公とした「HERO~逆境の闘牌~」の連載が始まり、脱サラしたひろゆきが熱い三流として赤木の意思を継ぎ、雀士として生きる様を描いた作品である。
」は全18巻、「HERO~逆境の闘牌~」は現在「近代麻雀」にて2009年から連載中。

「天」作品内での井川ひろゆき

涙で雪は穴だらけ


本作の主人公天貴史と共に第一話から登場するキャラクターであり、サブ主人公といえる存在。コンピューターのような論理型麻雀を打ち、本作序盤では主人公の天よりも数段格上の雀士として描かれている。この頃は天に対し呼び捨て・ため口で会話している。
初登場時はベージュのスーツ姿で、天からは「子供じゃないか」と言われる。当事18歳。
しかし後に、天が訳有ってわざと手を抜いて麻雀を打っていた事が分かると、その頃から天を尊敬するようになり敬語・さん付けで会話をするようになる。
雀力は度々周りのプロたちから褒められる程のものを持っているが、慎重な性格と常識から踏み出せない性質のため、直感を信じず打算で安牌を切ることで振り込んでしまう描写がよく見られる。
裏プロ東西対決では一時ではあるがダーティな打ち回しで勝利をもぎ取るなど意欲的な姿が見られたが、東西対決終了と同時に自分の限界を感じて麻雀の道を諦める。
この頃の服装はラガーシャツにカーディガン。年齢は20歳。
東西対決終了から赤木告別式までの9年間を文具メーカーのサラリーマンとして過ごす。
29歳のメガネに無精ヒゲのさえない会社員ルック。
その後、赤木の最期の言葉を胸に会社を辞め、天の口添えもあって「麻雀教室の講師」をしながら、時に雀荘に迷惑をかけるチンピラとの真剣勝負をし、糊口を凌ぐ「雀ゴロもどき」のような生活を始めることとなる。


「HERO~逆境の闘牌~」作品内での井川ひろゆき

(本作はの著者である福本伸行の協力の下、前田治郎が描いている)
赤木との最期の会話で「漕ぎ出そうまともから放たれた人生へ」「いいじゃないか三流で」と諭されたひろゆきは、退職をして麻雀で糊口を凌ぐ生活を始めた。
勝つたびに赤木の墓前に報告に赴くひろゆきだが、自分の麻雀がどれほど赤木に近付けたのかを知りたくなり、12年前の裏プロ東西対決の東の大将である天貴史に勝負を挑む。

著者が異なることや「天」からの時間経過などによって、「天」の井川ひろゆきとは見た目や印象が少し違っている。
髪型は外ハネのお洒落ヘアーとなっており、メガネもヒゲも無くなっている。
性格は、29歳のサラリーマンひろゆきに比べると「天」最終話「欠片」の頃の前向きになり始めたひろゆきが更に前向きになったような、明るく粘り強い印象が見えるようになった。
沢田の紹介した代打ち岸辺とセットで行動することが基本的に多く、ファンの間でもコンビとして扱われていることが多い。

pixivでの井川ひろゆき

天_天和通りの快男児」のひろゆきは「ひろゆき」「ひろ」と表記される事が多い。同作中では18歳の大学入試を控えたスーツ姿(?)の少年時代から大学入学後のラガーシャツにカーディガンの20歳、ひげと眼鏡のサラリーマン時代の29歳と幅広く成長が見られる。
中でも29歳は「ひげゆき」呼ばわりされていることがある。
スピンオフ作品HERO~逆境の闘牌~では、著者が福本伸行ではないことと32歳にして異常な爽やかさとお洒落ヘアーを身につけ、脱メガネを遂げたことからか主に「HERO」「へろ」「へろゆき」などと表記される。



また、東西対決前に雲隠れしていた赤木しげるをどうやってか探し出し、謎の話術で口説き落として自分を東軍へ推薦させた手腕や、作中での赤木への憧れの強さ、関わりの多さからPixiv内では赤木に対しての執着心などをしばしば変態的に描かれることが多い。

決死の告白
赤木さんクイズ
虎柄シャツ



関連タグ

HERO~逆境の闘牌~ ひろゆき 赤木しげる 市川  天貴史 原田克美 天和通りの快男児 近代麻雀 麻雀 福本作品女性向け 福本伸行 fkmt 前田治郎

pixivに投稿された作品 pixivで「井川ひろゆき」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 712287

コメント