ピクシブ百科事典

佐倉羽音

さくらはね

佐倉羽音とは、漫画『ばくおん!!』の登場人物にして本作の主人公である。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日5月3日
血液型B型
身長157cm
スリーサイズB82 W58 H87
愛車ホンダCB400SFSPEC3
CV上田麗奈


概要

坂乃上女子高校1年→2年。
入学初日に自転車で通学していたものの、その名の通り急な坂を登らなければならないことに辟易していたところ、バイク通学する天野恩紗を見てバイクに興味を持った。その後来夢先輩ニンジャに乗せてもらったことでバイクの魅力を知り、自らもバイクに乗ることを決意。

極度の天然で高校生としての一般常識に欠けているフシがあり、当初はバイクに乗るのに免許が必要なことすら知らなかった。怠惰でいい加減なところがあり、加えて超が付くほどのお人好しである。
しかし、裏表のない性格から人望は厚く、彼女の人柄は周囲を優しい気持ちにさせる。

走りに関しては、スーパーフォアのHYPER-VTECの特徴である急加速を得意としており、そのさまが漫画では羽根の生えたように描写される。文化祭でバイク部が行った賭けレースではこれが活かされた。

バイクのことは一貫して「オートバイ」と呼ぶ。一度その理由を尋ねられた際、最終的には「人の倍『お~~~っ!!!』と言うから」という結論を出している。

愛車

ホンダ担当だが、メーカーに執着している描写はあまりない。しかし、中野千雨にバイクを勧めた時は、人が変わったように「ホンダがいいような気がする!」と興奮していた。

ピンクが好きなようで、愛車がピンクのカスタムペイントである他、千雨にもピンクのホーネットを勧めたことがある。

ホンダCB400SF SPEC3 (カスタムペイント)

教習車のCB400に乗っているうちに興味を持ち、天野恩紗の実家・ニコイチモータースでピンク色にペイントされたこのバイクを見て一目惚れし、購入した。
恩紗は自分の店の劣悪ぶりを知っていたために一度止めようとしたが、羽音の「恩紗を信じて買う」という言葉に感動し、父には触らせず自分で整備し、納車した。

彼女の性格と初心者であることもあって、変なカスタムなどはされず大切にされている。しかし文化祭のレースの際は、来夢先輩に山程ウィンカーとミラーをつけられた。
のちに天野恩紗のミスで、点検整備中にガソリンタンクを凹ませてしまったため、バイ太のものと換装された。

このペイントのバイクは実際に制作され、アニメジャパン2016にて展示されていた。
ミニチュアモデルも、羽音の各種フィギュアに付属して販売される。

ホンダ・CB400SF-K(バイ太)

教習車。なぜか羽音と会話することができ、彼女に運転のノウハウを教えた。羽音以外では教官とも会話できる。

教習車であるが故にHYPER-VTECが外されており、市販車よりもパワーを抑えられているために、本人は「キンタマを抜かれたオカマ」を自称しており、そのためにオカマ口調で話す。
オカマと自称するが、羽音は「女の人の声」と発言しており、アニメでも声優は井上喜久子である。

武勇伝を語る癖があるが、教官からは聞き飽きたと言われている。

羽音の卒検の前日に、インジェクション仕様車に入れ替えられたために引退。
以降はニコイチモータースに買い取られ、部品取り車両として殆どのパーツを失った後、ガソリンタンクのみの状態で転がっていた。
その後、愛車のタンクを探していた羽音がそれを発見。ピンク色にペイントされたのちに羽音のスーパーフォアに搭載され、晴れて彼女の愛車となった。


名前の由来

ホンダの正規代理店・WING店から。耳の裏側につけたアクセサリーもそれに由来していると思われる。
佐倉綾音というよく似た名前の声優がいるが、参考にしているかどうかは明らかではない。アニメ版の声優は別人である。

コラボレーション

ホンダDREAM店にて、HONDA Moto LINCの解説マンガに採用されている。

家族

佐倉由女

羽音の妹。中学3年→高校1年。詳しくは本人の項で。

両親

第1話での羽音のセリフでは死んだようにも取れたが、アメリカで仕事をしていることが明かされている。

関連タグ

ばくおん!!
ホンダ CB400SF

平沢唯 パロディ元と思しきキャラ。

pixivに投稿された作品 pixivで「佐倉羽音」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 332495

コメント