ピクシブ百科事典

倉吉理乃

くらよしりの

漫画「ケンガンアシュラ」の登場人物。
目次[非表示]

これでおわかりかしら?小細工は通用しなくてよ?

概要

通称"女王蜂"
所属企業ゴールドプレジャーグループ(企業序列25位)
身長162cm
体重52kg
年齢不明
誕生日5月28日
好きな食べ物バナナ


ナイトレジャー界の大手、GPグループの若き代表。
柔らかな顔立ちの美女で、グラマラス揃いの当漫画内でもトップレベルの巨乳。初見曰く「拳願会の性的暴風雨(セクシャルバイオレンス)」。
GPグループを拳願会に参入できるまで急成長させるなど、経営者としての腕もよい。
闘技者の御雷零とは下の名前で呼び合い、膝枕をするなど、単なる闘技者と雇用主以上の関係を築いているようだ。
洪小虎の脳内麻薬を指一本で止めたり、東電の刺客の隠しカメラに気付くなど、「下手な闘技者よりも化け物じみている」とまで言われている。

負けた闘技者が謎の失踪を遂げるという悪評が立っているが…?

戦闘スタイル…とは違うけど

性本能(種族保存本能)
「雄」の「自我本能」を抑圧し強制的に傅かせることができる「命令」を発することができる。
どんな「超雄」も決して逆らうことができない。
「命令」はいくつかのは強度に分けられ、制御しやすくなっている。これは、判断力が低下した狂戦士となり不測の事態への対処能力が大幅に低下するのを避けるため。

関係者

御雷零…闘技者
音市美音…秘書
森政志…元闘技者
東郷とまり…拳願会内におけるライバル。
奏流院紫音…拳願会内におけるライバル。ただしこちらとは対戦描写はない。
速水勝正…何か因縁があるようだが…?

関連項目

ケンガンアシュラ キャバ嬢


血縁関係

※ネタバレ注意





















東洋電力会長・速水勝正は実の父親である。(シルエットのみだったが、ただれた左目を見る限り彼だと思われる。)父親が目的のためなら殺人も厭わない人物なため、不自然死に対する嫌悪感を捨てられないらしく、闘技者たちには命を落とさないうちに負けた時点で辞めてもらっていた。
しかし、零には思うところがあったらしく(仕合終了時点で)解雇はしなかったようだが、零が己を強くするために自分の元を離れることを悟っていた。

pixivに投稿された作品 pixivで「倉吉理乃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 151

コメント