ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

プロフィール

誕生日6月6日
身長不明(非常に巨体)


魔王タソガレの実父であり、非常に大きなサイズの体を持つ先代魔王。

その凄まじい力で旧魔王城を地上に出現させ、人間たちに魔族の存在を知らしめた。

現在は退位し、愛犬のクッキー(シェットランドシープドッグ)と共に伏魔殿で隠居生活中。


人物

退位した今でもなお輝き続けている圧倒的な威厳とカリスマ性から、全魔物に恐れられている。

自身の治世においては、力とカリスマで周囲を従えていた。

自分とは違ったやり方で魔界をおさめる息子・タソガレを激励し、戦争中でありながらも活気の溢れている魔王城の空気に感心を示した。

の伯母である「オーロラ・胡裳・リース・カイミーン」とは面識があり、彼女曰くウシミツもまたタソガレと同じような考えを持っていたらしい(13巻161夜より)。


現在、自身の膨大な魔力を姫とのろいのおんがくかアラージフの「魔導書鼻炎」によりタイムスリップした際にランダムで奪われ、子供サイズにまで小さくなってしまっている。

城内にいる犯人を捕まえるため、先代魔王という素性を隠し「モー太郎」という名前で魔王城に滞在しているが、大抵の魔物は気付いており気を遣ってあくまで分からないふりをしている。

それ故仕事がなくなったクッキーは現在長期休暇を満喫して、同時に執事修行を行ってもいる。


先々代魔王ヤハンについて

ウシミツの実父でタソガレの祖父に当たる(23巻291夜に登場)、故人。

本人は人間たちとの友好関係構築を望んでいたのだが、ヤハン曰く「失敗して、それが闘いの切っ掛けになった」模様で、それ故に魔界の教科書には「魔物の在り方の為立ち上がった」人間の教科書には「人間の平和を終わらせた厄災」と書かれている。

先々々代の魔王は「ザンヤ」。


26巻336夜にて再登場し、お盆にウシミツ達の様子を見に来たが…?


関連タグ

魔王城でおやすみ

関連記事

親記事

魔王タソガレ まおうたそがれ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2385

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました