ピクシブ百科事典

医者の不養生

いしゃのふようじょう

ことわざの一つ。
目次[非表示]

概要

普段は患者に養生や節制を勧める立場の医師が、自分自身の健康には気を遣わずに体を壊してしまうこと。そこから転じて「それが正しいと分かっていても自分では実行しない」という例え。
医師に限らず、専門家と言われる人たちはとかく自身の専門分野とは逆なことをしがちであるという意味でもある。
但し、救急救命医などは常にブラック企業も真っ青の労働環境に置かれており、自身の健康管理にまで気が及ばないのは致し方ないのかもしれない。

同義語

坊主の不信心 学者の不身持ち

関連タグ

ことわざ 医者/医師 健康/健康管理

pixivに投稿された作品 pixivで「医者の不養生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5020

コメント