ピクシブ百科事典

喧嘩ボンバー

くぉーらるぼんばー

観念するがいい!喧嘩ボンバー!!

概要

漫画キン肉マン』の登場人物ネプチューンマン喧嘩男)の必殺技
見た目はやや腕を曲げ気味にして、炸裂時は相手の首か顔面を包みこむかのような形に見えることもあるだけで、特に変哲の無い普通のラリアットであるが、超人強度2800万パワーを誇るネプチューンマンの鍛え上げた鋼並みの左腕から繰り出されるだけあって、強烈過ぎる破壊力を持ち、その勢いは自分よりもはるかに巨体な超人すらをも吹き飛ばすほど。
完璧・無量大数軍編』などにおいては、一撃で立ち木を十数m先までマッチ棒の如く叩き折っていた。

喧嘩スペシャル」と同じく、彼が喧嘩男を名乗っていた頃から使用する得意技であったが、完璧超人ネプチューンマンとなってからはマグネットパワーの恩恵を受け、ネプチューンマスクから念じて左腕を硬度10・黄金のダイヤモンドアームにまで進化させただけでなく、マグネットパワーで剣山を腕に付着させた「クォーラル・ソード・ボンバー」(完璧超人としてそれはどうなのか…。一応「剣山デスマッチ」だったので超人プロレス的には反則ではないが(「ロープワーク・タワーブリッジ」や「マッスルミレニアム」と同じ扱い))や、タッグパートナーと連携し相手の頭部を挟むように打撃を浴びせるクロスボンバーなどの派生技が登場。
一説には2800万パワーも正義超人・喧嘩男として見れば、当時から並外れた強さだったとは言え異常な数値ゆえに、完璧超人への洗礼を受けてネプチューンマスクの機能でマグネットパワーによる増大された超人強度という示唆もある。それだけに喧嘩ボンバーも、信じられないほどの破壊力を持つまでレベルアップされた可能性も考えられる。

また、『王位争奪編』にてザ・サムライを名乗り正体を隠していた際には「居合斬りボンバー」という呼称を使用していた。

元ネタは、ネプチューンマンのモデルでもあるハルク・ホーガンの得意技「アックスボンバー」から。

関連タグ

必殺技
キン肉マン
ネプチューンマン喧嘩男
アックスボンバー

pixivに投稿された作品 pixivで「喧嘩ボンバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 95331

コメント