ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:斉藤壮馬

概要

KING OF PRISM』の登場人物で、エーデルローズ男子部に所属する高校1年生。

歌舞伎の名門・国立屋の太刀花菊右衛門を父に持つ梨園の育ちで「七代目」を称しており、特に女形を得意とする。そうした家庭環境もあってか男女の身体の違いについては熟知している。
彼がエーデルローズに入学してプリズムスタァを志願したのは、プリズムショーと歌舞伎に舞台表現として相通ずるものを感じたから。3作目では幼少期に見た氷室聖のプリズムショーに惹かれていた事が判明する。

男子部の後輩にあたる西園寺レオからは「ユキ様」と呼んで慕われている。

劇中での描写

2作目『PRIDE the HERO』では、エーデルローズ側のサンダーストームセッション出場者にはユキが選ばれていたが、辞退して一条シンの出場を推薦している。
理由は家族の反対とされていたが、単にそれだけではなかった事が続編『Shiny Seven Stars』でユキノジョウの過去と共に明かされた。

『Shiny Seven Stars』2話/ユキノジョウ回

幼少期、ユキノジョウの母は歌舞伎の稽古を嫌がったユキノジョウを諭す為、自分の体に簪を刺した。その行為には国立屋300年の「血」と歴史を背負う覚悟を理解させる事以外にも、「女性は幼少期しか舞台に立てない」という現実に打ちひしがれる彼女の無念が込められていた。
その日の出来事は幼いユキノジョウの心に深く刻まれたが、次第に重圧となり、無意識に歌舞伎から逃げるようになっていく。

1作目におけるシンのプリズムショーは、エデロ生にとっては「忘れかけていた心の煌めき」を取り戻させてくれた特別なショーだが、ユキノジョウは親の反対を押し切ってまで始めたプリズムショーからも、歌舞伎からも逃げ続けた事を内心で後悔していた。
シンに話した事情を訳知り顔のカケルに「嘘」だと指摘され、「貴様に何が分かる」と激昂、カケルと(風呂場で)取っ組み合いになってしまう(カケルは同期代表としてユキノジョウに出てほしかったのだと言う)。

聖のショーに憧れて始めたプリズムショーだが無意識に歌舞伎からの逃避に利用していた事を自覚し、自分のことを仲間に打ち明け、「もう逃げない」と誓う。実家に戻ったユキノジョウは母から父の事を聞く。そして、父にプリズム1に出る事を伝えた。

プリズム1でユキノジョウは「歌舞伎とプリズムショーの融合」を表現。レオの衣装・ユウの曲にこれまで彼が培ってきた歌舞伎役者としての技量に加え、国立屋十八番「連獅子」のプリズムジャンプで父を驚愕させた。ユキノジョウはこの大会で唯一“まともな方法・努力のみ”で、男子史上3人目となる4連続ジャンプを翔び、高得点を獲得している。

最後に父に認められ、プリズムショーを続ける事を許された。

楽曲

曲名作詞作曲編曲
アゲハ蝶、夢舞い恋しぐれ宮嶋淳子YUYU
HAPPY HAPPY BIRTHDAY!
百花繚乱宮崎まゆ宮崎まゆ賀佐泰洋
寒い夜だから…小室哲哉小室哲哉michitomo


プリズムジャンプ

  • 十八番 夢恋模様朧霞(プリズムキングカップ投票メッセージでの紹介による。映像化はされていない)


関連イラスト

太刀花 ユキノジョウ
ユキ様、タイガくん


ユキ様
ユキノジョウBDアンソロジー



関連タグ

KING OF PRISM プリティーリズム・レインボーライブ

セプテントリオン
一条シン 鷹梁ミナト 十王院カケル
香賀美タイガ 西園寺レオ 涼野ユウ

Over The Rainbow
神浜コウジ 速水ヒロ 仁科カヅキ

【シュワルツローズ】
如月ルヰ 大和アレクサンダー

関連リンク

歌舞伎界のプリンスがプリズムショーに挑む! 劇場アニメ『KING OF PRISM』連続新キャラインタビュー:太刀花ユキノジョウ

関連記事

親記事

セプテントリオン(キンプリ) せぷてんとりおん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「太刀花ユキノジョウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 882934

コメント