ピクシブ百科事典

奈良原一鉄

ならはらいってつ

奈良原一鉄(ならはら いってつ)はニトロプラス所属のシナリオライター。 執筆家であると同時に、師範代クラスの本物の剣術の達人。 大の刀剣フリークであり、緊張溢れる殺陣描写に定評がある。 反面、虚淵玄氏をも超える陰惨な結末を迎えるシナリオを多く手掛けており、クセのある作風で知られている。
目次[非表示]

解説

ニトロプラス所属のシナリオライター
ファンから全裸神のあだ名で知られている。

なんと本物の古流剣術の師範代で現役の剣術という、異色の経歴の持ち主。
そのためか大の刀剣フリークであり、デビュー作『刃鳴散らす』の制作動機が……
とかエロとか萌えだとか、そういった難しいことはよくわからないんですが。 とにかくエロゲで剣劇やってみたいんです。ガチンコの」
…だったらしく、どのエロゲーメーカーもにべもない態度の中でニトロだけが「やれば?」と了承したことから、ニトロに身を寄せることになった。

社内で真剣を研いだり、会議中にいきなり模造刀を振りまわしたりといった奇行が目撃されてている。挙げ句、とある雑誌インタビューで他のライターたちは今後の抱負を語るなか、ただ一人日本刀剣教会の腐敗を嘆くという、明後日の方向に向いたコメントを残している。
クセモノだらけのニトロプラス社内でも、一、二を争う飛び道具とみるファンも多い。

公式で発売前の作品にネタばれをかましたという、ある意味で伝説を作り上げた。

現在、『装甲悪鬼村正』のファンディスクの監修を最後に音信不通となっており、氏の行方について様々な憶測が飛び交っている。

作風

緊張感漂うリアルな戦闘描写に定評がある。
特に古流剣術師範代だけあって、刀同士でのサシの勝負での緊張感の演出は、理詰めで構成された「読み合い」と相まって非常に濃厚。ただこうした凝りに凝った描写ゆえに、テンポが悪く、楽しめる人間を選んでしまう傾向にもある。
とあるファン曰く、「普通の戦闘シーンが『F1レースや格闘技の実況』なら、奈良原のは『囲碁将棋の実況』」とのこと。

そして、虚淵玄氏と並び称されるニトロのドシナリオメーカーの片割れ。
救いようのない鬱っぷり、陰惨さでは「虚淵より酷い」とまでいわれる。
そんな評価の中で、ギャグシーンにも定評があったりする。

またゲームブック好きという一面もあり、作品にゲームブックネタを盛り込むこともある。


主な作品

  • 刃鳴散らす(2005年9月30日)
  • 戒厳聖都(『サバト鍋-Nitro Amusement Disc-』内)(2006年2月3日)
  • 装甲悪鬼村正(2009年10月30日)
  • 装甲悪鬼村正邪念編(2010年8月16日) 監修

pixivに投稿された作品 pixivで「奈良原一鉄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 217

コメント