ピクシブ百科事典

季曲シリーズ

ききょくしりーず

季曲シリーズとは太鼓の達人の楽曲シリーズ。

概要

台湾のグループ「采風楽坊」による二胡等の中国の伝統楽器による楽曲シリーズ。をイメージさせる曲が多く曲名の後ろに英語がついている。
全曲に裏譜面があり表譜面の難易度は鬼★7の曲が多く、裏譜面の難易度は鬼★8の曲が多い。

季曲 〜seasons of asia〜
季曲シリーズ第一弾。読みは「ききょく」
東洋アジア四季をイメージさせる曲で二胡や笛にロックを交えたアジアンロック。

蓄勢 ~GEAR UP~
第二段。読みは「ちくせい」。
春になって成長していく木々や植物の緑豊かさをイメージさせる曲。
季曲と同じく二胡や笛にロックを交えている部分がある。

蛻変 ~transformation~
読みは「ぜいへん」。自然の「変化」をイメージさせる曲。
蛻変とは、セミが脱皮する様子のことをいう。

春遊 ~happy excursion~
読みは「しゅんゆう」。
に遠足へ行くのをイメージした曲。春遊とは野に出て春を楽しむという意味。

綻放 ~Blooming~
読みは「たんぽう」。綻放とはが咲き乱れることを意味する。

花漾 ~Flourishing Blossoms~
読みは「かよう」。花の芳しい香りをイメージさせる曲。

曙光 ~Dawn~
読みは「しょこう」。曙光は夜明けを意味する。
太陽が昇っていく様子をイメージさせる曲。

蝶戀 ~Obsession~
読みは「ちょうれん」。戀は「恋」の旧字。
舞うをイメージをさせる曲で、蝶に惑わされるように恋に惑う様子をイメージさせられる。

関連項目

太鼓の達人 ナムコオリジナル

コメント