2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

孤高のメス

ここうのめす

大鐘稔彦による小説。同タイトルで2010年に公開された日本の映画、ドラマ作品。
目次[非表示]

概要

日本の医師でもある作家大鐘稔彦による小説。2005年に栄光出版社より刊行。のちに幻冬舎文庫からシリーズが刊行される。

2010年6月に映画化。監督は成島出、脚本は加藤正人。主演は堤真一
作中の手術シーンは、実際に生体肝移植を執刀している医療チームが監修しており、忠実な再現がなされている。

2019年1月、WOWOW制作で連続ドラマ化。滝沢秀明主演、全8話。

あらすじ

1989年、まだ臓器移植の法制化が進んでいない日本は、移植手術が行なわれるのは当分先であると考えられていた。大学病院に依存し、外科手術ひとつまともに出来ない地方病院『さざなみ市民病院』へピッツバーグ大学で高度な外科医術を身につけた当麻鉄彦が第二外科医長として赴任する。アメリカで研鑽を積んできた当麻の姿勢は周囲の反発を招く一方、腐敗した病院に風穴を開けていく。

関連動画


関連タグ

小説 医療 医師
映画 邦画 日本映画

関連記事

親記事

東映 とうえい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 630

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました