ピクシブ百科事典

小日向くるみ

こひなたくるみ

小日向くるみとは、『スパイラル~推理の絆~』のキャラクター。

概要

小日向くるみとは、『スパイラル~推理の絆~』シリーズのキャラクター。
同作番外編の小説作品『小日向くるみの挑戦』の主人公にあたる。

世界的な財閥である小日向グループの令嬢。
良識はあるがプライドが高く口が悪い
祖父から一方的に鳴海清隆との婚約を決められてしまいそれに反抗するが、嫌なのであれば清隆の得意な推理勝負に勝ち、自分にはふさわしくないと証明する。という考えによって清隆に何度も勝負を挑む。
鳴海歩にも良い印象は持っておらず、あまりあの兄弟に近づきたくないと考えている。

『小日向くるみの挑戦』最終回においては鳴海兄弟を「才能を使っているのではなく、才能に使われている」と評し、その人生を「運命にがんじがらめにされている」と看破。兄弟に近づく者は「無慈悲な運命に巻き込まれる」と断じて、兄弟を「才能(運命)の奴隷(人形)」であり「人間として生きること(自身の力で夢を持ち人生を生きる事)ができない存在」だと批判した。

これを総じて彼女は鳴海清隆に「お前は最低の人間だ。お前は一生、誰も幸せにすることなどできはしない」と、その結論を叩きつけた。

その『真実』を看破したくるみに対して、清隆は心より彼女を称賛し、物語は終わる。
彼女もまた「真実を見抜く者」として「正しい選択」をできる人間であったと言える。

関連タグ

お嬢様 毒舌 高飛車

pixivに投稿された作品 pixivで「小日向くるみ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86

コメント