ピクシブ百科事典

少年十字軍

しょうねんじゅうじぐん

*Children's Crusade 第4回十字軍の後、フランスやドイツにおいて神の啓示を受けたとする少年の呼びかけにより少年・少女が中心となって結成された十字軍である。

1212年のフランスの少年エティエンヌによる少年十字軍では、少年少女が十字軍として聖地奪還に向かう途中、船を斡旋した商人の陰謀によりアレクサンドリアで奴隷として売り飛ばされた。
同じく1212年のドイツの少年ニコラウスによる少年十字軍では、資金不足から海を渡れず司教の説得で帰国した。

十字軍の中でも「宗教的熱誠に依るもの」の代表格として知られている。
しかしその実態には不明な点も多く、創作の題材として扱われることも少なくない。
『少年』十字軍と呼ばれているが、名前のイメージとは異なり成人が参加していた記録も残っている。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「少年十字軍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8062

コメント