ピクシブ百科事典

徐庶(真・三國無双)

じょしょ

コーエーテクモゲームスから発売された真・三國無双シリーズに登場するキャラクター
目次[非表示]

※史実の徐庶についてはこちら

概要

プロフィール

名前徐庶(じょしょ)
元直(げんちょく)
初登場作6Emp
勢力蜀(一般武将時代は魏)
所属軍劉備軍→(曹操軍)
CV私市淳
得意武器撃剣→将剣(8)
身長182cm
一人称
呼び方あなた(目上)、君(対等、目下)、皆(複数人)、〇〇殿(目上)、〇〇(目下、敵)、諸葛亮→孔明、龐統→子元


長らくは一般武将(モブキャラ)として登場していたが『真・三國無双6Empires』にて無双武将化。
司馬徽の門下生で、諸葛亮龐統とは同門。優秀な軍師である一方、剣術(撃剣)においても優れた才能を持つ知勇兼備な将…なのだが、自分に自信が持てず、推しが弱いところがある。

人物像

容姿

長身痩躯の青年で、同門の諸葛亮や龐統と比較しても若々しい印象を受ける。無造作の短髪にタレ目、薄っすらと蓄えた無精髭が特徴。

衣装は、襟の高いロングコート風の法衣を着用。裏側にはフードも付いており、演出として登場時に深く被って素顔を隠す描写も(過去に殺人罪で追われる身になった経緯からか)。基本は蜀のシンボルカラーである緑・白・金を基調としているが、別カラーとして魏所属時代をイメージした青・黒・銀のカラーリングも存在する。

じょしょ
徐庶さん2Pカラー


『7』のDLC職業衣装ではスノーボードウェア(サングラス付)を着用。もともとの容貌が現代寄りであることに加え、同じくDLC特別武器シリーズの鉄舟(スノーボード)を装備すると実に様になっているから困る。

性格

性格は、謙虚…というよりも卑屈に近く、ネガティブ。実力はあるのに何故か自信が持てず、会話ではよく出だしから「ええと…」と言葉を詰らせることが多い。その反面、調子がいい時は生き生きとしている。

活躍・特技

優秀な軍師でありながら、撃剣の使い手でもあり、知勇兼備な将。
新野の戦いで八門金鎖に苦戦する劉備軍に手助けし、無事魏軍を退ける。このことで知略の重要性を劉備たちは知ることになり、劉備軍で知略を振るうことを勧められるが、自分では劉備を支えきれないと判断し、諸葛亮を薦めて去っていった。
ネガティブ思考でモジモジしている部分もあるが、自分に課せられたことは果たし、逃げない強さも持っている。

交友関係

諸葛亮

同門のひとり。諸葛亮の逸脱した先見の才を認め讃えているが、それこそが徐庶自信のネガティブ思考の最大の原因でもある。諸葛亮もその事を心配している。

龐統

同門のひとり。専用台詞で「もうつまらない謙遜はやめなよ」と言われている。

バトルスタイル

さんぱず風 徐庶


撃剣を使用。軍師とは思えないアクロバティックな攻撃を仕掛ける(同勢力にビームを放つ軍師がいるとは到底思えない)。カメラワークがかなり動くため、使いやすいと思う人と苦手な人に大きく分かれる。
無双乱舞は地上戦で広範囲をカバーする物に恵まれている。特に援護射撃を要請する無双乱舞では覚醒ゲージが溜まりやすい。せめて無双ゲージの一つは確保しておきたい所。

シリーズの動向

『7』ストーリーモードにおいては、劉備の下から離れた後、プレイヤーの行動次第で劉備軍に戻り(蜀伝)、または曹操に心服することが可能(魏伝)。
どちらもIFルート分岐条件の一つとなっている。2勢力で味方として最後までいる珍しい武将(しかしどちらもIF限定)。但し、もう1人の張遼呂布伝(猛将伝)と魏伝両方で使用可能に対し、徐庶は蜀伝のみ使用可能(これはただ単に呂布軍の武将が少なく、ストーリーが成り立たないため、仕方なく張遼を入れたのだと思われる)。しかしフリーモードにおいては専用台詞が用意されている。

関連タグ

真・三國無双シリーズ
 軍師

pixivに投稿された作品 pixivで「徐庶(真・三國無双)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3877

コメント