ピクシブ百科事典

劉禅(真・三國無双)

りゅうぜん

真・三國無双シリーズに登場するキャラクター
目次[非表示]

史実の劉禅についてはこちら

概要

プロフィール

名前劉禅(りゅうぜん)
公嗣(こうし)
登場ナンバリング『6』〜
勢力
所属軍蜀軍(君主)
声優松野太紀
身長165cm
得意武器細剣(『6』〜『7猛将伝』『8』)、龍床几(『7Empires』)
一人称
呼び方あなた、そなた、皆(複数人)、〇〇殿(目上、司馬昭)、〇〇(目下)、劉備→父上


真・三國無双6」よりPCとして出演。劉備の嫡子。
演義でのイメージが普及してることから、製作スタッフ間ではPC昇格に付いて色々議論が巻き起こったらしい。

人物像

色白で平常な顔でも微笑んでいるように見える顔立ち。よく見ると父の劉備と似ている部分もある。
身長は小柄な方で星彩と同じ。

衣装

毎回、皇帝が着けているようなすだれつき冠が特徴の一つである。また、最初から蜀帝として登場するためか豪華な衣装である。
『6』下に山吹色の服を着用しており、上にふさふさの綿がついたようなコートを着用。

【359】石の玉座
モフ禅


『7』ややふさふさがなくなったが、襟の部分には相変わらずある。前作よりはシルエットがスッキリした。厚手の布を主に使っている。



『8』ふさふさ完全に消滅。至る所に金の竜の意匠をあしらっており、周囲の期待を背負わせたらしい。今回はセパレートで白基調。

無双8劉禅【蜀の皇子さま】お菓子の名前付あり


性格

決断に慎重な沈思黙考型の人物で、柔弱で威厳に乏しい外見やマイペースな話し方もあって敵味方から暗君の印象を持たれている。とはいえ、その裏に隠れた才をもっている。
自分の気持ちを言葉にするのが苦手で、それ故に北伐を続けようとする姜維を止めることが出来なかった。普段はゆったりとした口調で話すが、いざと言う時や星彩と二人っきりの時は早口になる。

経歴

仁君の誉れ高い父親の後継者として、群臣や民衆の過大な期待を背負い蜀の二代皇帝に即位する。しかし、度重なる北伐で国が疲弊していることに疲れを覚え始め、成都の戦いでこれ以上国を疲弊させないために降伏を宣言した。
守り役である星彩から武術鍛錬を受けているが、「6」のクロニクルモードの特殊台詞はその指導の厳しさがうかがえるものとなっている。

戦闘スタイル

『6』〜『7猛将伝』『8』での武器は細剣。手数の多い攻撃が得意で、固有技では雷を纏った攻撃を仕掛ける。
『7Empires』からは新武器の「龍床几」…とどのつまり小型のベンチ。戦闘中に寄り掛かって体力を回復させたり、攻撃中に相手と同席してブッ叩いたり、無双乱舞ではモーション終わりに上に乗って寝転がったり…と割とやりたい放題のモーションが用意されている。
しかしその武器はガードカウンターがある(攻撃をガードキャンセル可能でそこから防ぐと強化チャージ攻撃が発動する)上、これがNPC登場でも普通に使われてくるので、相手すると厄介な事になりかねない。

交友関係

星彩

劉禅の護衛。唯一劉禅が心を開くことができる人物でもある。普段とは違う口調で話すことも多く、彼女が負傷した際には本気をみせた。

姜維

劉禅の配下。信頼しているもののお互いの行動理念が噛み合わず、溝ができてしまう。

シリーズでの動向

『6』初登場。晋のエンディングではなかなか辛辣なことを言っていたりする。猛将伝の星彩推奨ステージのムービーでは隠れた所で鍛錬をしており、隠れた努力家の面をみせた。
『7』前作よりも口調がさらにゆったりとなった気がする。天水の戦いでは姜維に対し、心優しい言葉をかけて彼が蜀の将になるきっかけを作った。
『8』今作では個人ストーリーになったため北伐の様子が蜀側でも描かれるようになった。劉禅が思う仁の世と姜維らが目指す仁の世にギャップが生まれてしまい、劉禅本人も苦しむこととなる。
無双OROCHIのドラマチックモードでは(モブ武将であるが)関羽夏候惇呂蒙が助けに来てるのに「お腹すいた」だの我儘言って動きが止まったりすることがあった。無双OROCHI2ではある意味雰囲気が似ている今川義元と蹴鞠を通して親交があったりする。
他には袁紹長宗我部元親などとも交流がある。

コメント