ピクシブ百科事典

もしかして藤原景清/平景清?


概要

第三世代VRで、アイザーマン博士の研究により、平家の武将「悪七兵衛景清」の怨念をV.ディスクに定着させ、量産化に成功した機体である。意外な話だが、アクの強い機体や人命を軽視した構造の機体が多いアイザーマン・ブランドの中では比較的真っ当な部類の機種であり、用兵側からは好評を得ている。
それにしても、なぜ怨霊をバーチャロイドに乗せたがるのか、マッドサイエンティストの思考を理解するのは難しい話であろう。

M.S.B.S.Ver.7.7より登場したVRであり、外観はまさに鎧武者。5タイプ存在し、それぞれ()・と名乗る。

VRとしては地面では移動速度は速く、装甲は固く、攻撃力は高いものとなっている。

ただ・・・5機種すべてが派生機体扱いで基本機体が存在せず、アーケードにおいては支給されるのがかなりの低確率であった(同じ工廠のマイザー系・スペシネフ13系からの乗り換えでのみ入手出来る仕様だった)。この問題はxbox360に移植されたことで解決している。
また、武器ゲージの回転も悪く、ハーフキャンセルを多用しなければ場合によっては詰む危険もある。

余談

ハセガワからのプラモ化でゲーム版では実装されていなかった指揮官機八島の存在が明らかになった。

※「クロニクル20」での「箱4(XBOX360版バーチャロンフォースの俗称)」移植スタッフの話では「内部データ的には存在したがグラフィックは未実装だったので、やむなく実装を断念」との事だったが、一体・・・?

また、プラモデルの解説書で設定に色々変更が加えられたらしい(ベルグドルの最新設定に在る「MBV-08」がベースと言う話もその一つ)。

関連記事

親記事

バーチャロイド ばーちゃろいど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「景清」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「景清」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 96349

コメント