ピクシブ百科事典

月下老人

げっかろうじん

月下老人とは、道教の神の一人。
目次[非表示]

概要

中国台湾韓国で信仰される、恋愛縁結びの神。
月下翁」「月下氷人」「月老」「月老神君」の異名があり、彼をメインに祀る廟は「月老廟」とも呼ばれる。転じて中国では仲人のことを「月下老」と呼び、台湾では結婚相談所を「月老銀行」と呼ぶ。

多くの髪と髭をたくわえた老年の男性の姿をしており、所謂「運命の赤い糸」を持つ。
彼は既に縁として男女の間に結びついた赤い糸を視認するだけでなく、新たにそれを授ける事が出来るとされる。

中唐時代の古典『続幽怪録』の「定婚店」という箇所に登場する、韋固という青年が月夜に遭遇した、赤い縄の詰まった袋を持った老人が原型。

同じく縁結びの神であり、夫婦和合、家庭円満も司る和合二仙と一緒に祀られることもある。

「定婚店」のエピソード

杜陵(とりょう、現在の陝西省西安市)の韋固は、幼少時に孤児となった青年であった。彼は早く結婚し、家族を持ちたいと何度も相手を探したが、うまくいかないのであった。
それでも彼はあきらめず、新しい縁談にたどりついた。

月の出たある夜、竜興寺という寺院で待ち合わせする事になった。現場に行ってみたところ、彼は月明かりで本を読む老人がいるのを見た。彼は西方の梵字も読める韋固でも見たことの無い文字が書かれた本を読んでいた。聞いてみると、老人曰くこれは「世間の書」ではなく「幽冥の書」であるという。幽冥の人がなぜこんなところで本を読んでいるのか尋ねると、幽吏(冥府の役人)もこちらの世界で仕事をすることがあるという。この老人はこの天の下で行われる結婚を担当しているとのこと。そこで韋固はこれ幸いと将来の妻について質問した。これから見合いをするのだが、うまくいくだろうか、と。老人はそれを否定した。
「その相手はいま三歳だ。彼女は十七歳になって君の家族になるだろう」
韋固は老人が持っていた袋に何かが入っているのに気づいてその中身を尋ねた。
その老人によると、袋の中身は赤い縄であった。この縄の両端で足首を結ばれた男女は、身分が違っていても、どんなに離れていても結ばれる定めであるという。そこで韋固は自分と赤い縄でつながった女性は誰なのかと尋ねると、老人は彼に将来の妻を予言した。老人が告げた相手は、市で野菜を売る陳という老婆が連れた女児であった。

韋固と待ち合わせしていた相手は来なかった。
夜が明けるまでそこで本を読んでいた老人は「幽冥の書」を閉じ、自分についてきたらその将来の相手を見せてやろうという。老人についていき市場に行った韋固は貧しい、やぶにらみの老婆が三歳の女児を抱いているのを見た。

「彼女が君の妻だよ」老人は言った。

これを訝しがった韋固は逆上し「あんな小娘が自分の将来の妻になるくらいなら、いま殺してしまったほうが良い」と召使の男に命じて刃物で殺させることにした。彼は女児を刃物で刺したが、老婆が邪魔をして心臓ではなく眉間に刺さってしまったと主人に語った。韋固はこれを喜んで彼に報酬を与えた。

それから14年後、韋固は亡くなった父親の功績、そして彼自身も仕事のできる男であったため、役人として出世し、長官から縁談の話を持ち出される。長官の娘は17歳の美しい女性であり、性格も良かったので韋固は非常に喜び彼女を妻として迎えた。しかし気になるところがあった。彼女は常に、入浴時でさえも眉間に造花の髪飾りをつけているのである。韋固は一年間は黙っていたがこらえきれなくなり、ある日強引に髪飾りをはずした。

事情を聞いてみると、彼女は長官の実の娘ではなく、幼い頃に両親をなくし乳母だった女性に育ててもらったという。そしてその時、暴漢に襲われ眉間に怪我をしていた、と。髪飾りはそれを隠すためだった。韋固は14年前に月下で出会った老人とのやりとりを思い出した。
「その陳(のお婆さん)は眇(やぶにらみ)であったか」と韋固は聞いた。

妻は「どうしてそれを知っているのですか」と返した。韋固は暴漢を差し向けたのは自分であると告げた。彼女は「数奇なことです。これは運命です」とこれを受け入れ、二人は生涯とても強く敬い合ったという。

関連タグ

道教
赤縄繫足 赤縄を結ぶ 運命 赤い糸
大国主命 キューピッド

pixivに投稿された作品 pixivで「月下老人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 259

コメント