ピクシブ百科事典

朝丘雪路

あさおかゆきじ

朝丘雪路とは、宝塚歌劇団出身の女優、タレント。故人。
目次[非表示]

概要

1935年7月23日生、東京都出身。本名は加藤雪会(ゆきえ)、旧姓は勝田。
日本画家の伊東深水とそのであった料亭の女将の間に生まれた。
3歳から日本舞踊を嗜んでおり深水美智雪名義での舞踊家としての活動もある。

伊東は初めての娘であった彼女を殊の外可愛がり、妾宅でありながら娘のために養育係をつけ学校には人力車で送迎するほど過保護に育てていた。
このため彼女はかなりの世間知らずかつ天然ボケという生粋のお嬢様に育ってしまった。
この過保護ぶりに伊東の知人であり阪急グループの創業者であった小林一三が「このまま浮世離れさせていては娘さんがダメになる」と苦言を呈したことで宝塚音楽学校に入ることになった。

宝塚歌劇団では娘役で、1955年に退団しその後はバラエティ番組でのタレント活動や女優として活動。歌手活動も行った。
「11PM」の司会をやっていた時に、大橋巨泉にその巨乳ぶりを「ボイン」と言われた話は有名。


一度医師の男性と結婚し男児をもうけたが離婚して子供は元夫の所に残した。
1973年津川雅彦と再婚し、のちに女優となる娘の真由子をもうけた。
上記の通り過保護に育ったため結婚するまでまともに買い物も自分でしたことがなく料理もできずほとんど家政婦に任せており、津川と結婚後は危なっかしいので買い物にも付き人が付いていたりしたという。
あまりの壮絶な天然ボケエピソードは津川や真由子によくネタにされており、娘の真由子にすら「お母さん」ではなく「ゆきえちゃん」と呼ばれていたという。


2014年に夫や娘と共演した舞台作品を最後に、実質的な引退状態にあった。
2016年に一本だけ映画「プラシーボ」に出ており、これが遺作となった。
2018年5月20日、同月4月27日に既に死去していたことが発表された。享年82歳。
引退後アルツハイマー型認知症を患っていたことも公表され、症状の進行で命を落としたとみられる。

主な出演作


声優としての出演

関連タグ

女優

pixivに投稿された作品 pixivで「朝丘雪路」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 209

コメント