ピクシブ百科事典

桃地結香

ももちゆか

桃地結香とは、『実は私は』のキャラクター。

概要

桃地結香とは、『実は私は』のキャラクター。

黒峰鳴のクラスメイトの女の子。
実はくの一だが、巨大手裏剣をはじめとした忍者グッズを大量に持っているため、全く忍んでいない。それ故、クラスメイトからも忍者としてしっかり認識されている。

異常に惚れやすい性格で、黒峰朝陽岡田奏にも一目惚れしている。

くの一であると同時に黄龍院凜と同じく、50年後からやってきた未来人であり、紫々戸獅穂嶋田結太の孫。
タイムマシンは凜同様、自律する巨大な型。

関連タグ

くノ一 黒峰鳴 未来人

pixivに投稿された作品 pixivで「桃地結香」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 973

コメント