ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

CV:M・A・O

紅本茜とは、『実は私は』のキャラクター。


一目見ただけでは、頭にの生えた女子生徒。

しかしその正体は実は主要人物たちが通う諸晴(もろばれ)高校の校長であり、紅本明里先生の高祖母にして永い時を生きる悪魔


普段は猫を被って外見年齢相応の明るく可愛らしい口調で話すが、素の口調は実年齢相応の老成したもの。すごい立場と千里眼などの超常能力を持つが、精神年齢が低いためあまり周りにすごい人だと思われない。

もっぱら甘い物好きな重度の甘党で、食べられなかった時は暴れる。中でも藍澤渚の手作りお菓子が好物で、味を占めてからは彼女に手作りお菓子を度々要求するようになった。


いたずら好きで色んな騒動の首謀者だが、ごく稀に年配らしい含蓄のある話をすることもある。

しかしいたずらが過ぎて、明里から容赦のない制裁を喰らうことも少なくない。


関連イラスト

角パリピ悪魔


関連タグ

実は私は

ロリババア 悪魔  甘党

ピンク髪 ピンクヒロイン

腹黒ピンク 桃色の悪魔(ピンクの悪魔)


吸血鬼マナー違反掲載誌、ピンク髪、悪戯好きが共通する吸血鬼。こちらも度々悪戯を繰り返しては、明里同様にヤンキー時代が黒歴史のキャラから容赦のない制裁を喰らっている。

シャーロット・リンリンビッグ・マム):ピンク髪、甘いもの好き、お菓子が途絶えると暴れるなどの共通点が多い。しかもこちらは夫43人、息子46人、娘39人の129人家族という大所帯。

関連記事

親記事

実は私は じつはわたしは

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63043

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました