ピクシブ百科事典

黄龍院凜

きりゅういんりん

黄龍院凜とは、『実は私は』のキャラクター。

概要

黄龍院凜とは、『実は私は』のキャラクター。

黒峰朝陽の一学年下に転入してきた女の子。
実は50年後の未来からきた朝陽の孫である未来人で、この世界でも朝陽を祖父のように扱っている。
カリスマ痴女II世に支配された未来の世界を変えるために過去へやってきた。中二病な言動が多いが、未来では「閃光のボタン留め」の二つ名を持つ。
タイムマシンは自律する巨大なドラゴン型。

しかしドジっ子な性格で、未来の情報をうっかりしゃべってしまっては変えるタイミングを伸ばされてしまっている。

黒峰鳴と同時期に編入してきたヴァンパイアハンターの新入生・黄龍院閃は自身の遠い祖父にあたる。
そして、新入生でくの一の桃地結香は自身と同じく、50年後の未来から来た未来人である。

関連タグ

実は私は
黒峰朝陽  
未来人 中二病
イエローヒロイン

pixivに投稿された作品 pixivで「黄龍院凜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1207

コメント