2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

沈黙の魔導剣士-サイレント・パラディン

ちんもくのまどうけんしさいれんとぱらでぃん

遊戯王OCGに登場する天使族の効果モンスター。レベルアップモンスターに関する効果を持つカードの一つ。
目次[非表示]

概要

Vジャンプ(2016年8月号) 付属カードで登場した光属性・天使族の下級モンスター

カードテキスト

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻500/守1500
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「サイレント・ソードマン LV3」または「サイレント・マジシャン LV4」1体を手札に加える。
(2):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、自分フィールドのモンスター1体のみを対象とする魔法カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にする。
(3):フィールドのこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合、
自分の墓地の光属性の「LV」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

解説

召喚成功時に特定のモンスターをサーチする誘発効果、自分フィールドのモンスターを1体を対象に取る魔法カードの発動を無効にできる誘発即時効果、墓地のLVモンスターをサルベージできる誘発効果を持つ。
モンスターのサーチ、一度ではあるが魔法カードの発動を封じ、更にはサルベージまでこなすインフレの進んだ現代遊戯王にふさわしい能力のてんこ盛りである。

…なのだが、当時この能力を見たデュエリスト達からは「産廃」のレッテルを貼られることとなった。
その理由として、3つの能力すべてが絶妙に使いにくいという点が挙げられる。

まず召喚時のサーチ効果だが、肝心の対象が下位の「サイレント・ソードマン LV3」と「サイレント・マジシャン LV4」だけなのがいただけない。
この2枚はステータスが低く、レベルアップするには次の自分のスタンバイフェイズまで待たなくてはならない。(そのため基本的にはリクルーターで相手ターンに出し、返しのターンでレベルアップする方法が取られる)
たとえ出したとしても「レベルアップ!」など更にカードを使わなくては低ステータスのモンスターを棒立ちさせるだけという問題が発生する。このカードも低ステータスなため相手ターンの攻撃で一気に大ダメージを受ける危険もある。
更に特殊召喚に対応せず通常召喚時にしか使えないのも難点。サーチしたカードを場に出すためには何かしらの方法で特殊召喚する必要があり、更にレベルアップさせるとなるとカード消費も激しい。

次に魔法カードの無効化だが、モンスター1体のみを対象に取る魔法カードはそこまで多くなく、中々発動できない。一応テーマによっては1体を対象とする魔法カードが多いのもあるが、低ステータスが災いして殴り倒してから使用するというふうに簡単に対策でき、牽制役にすらなれない。

そして最後にサルベージ効果だが、低LVのモンスターはサーチのときも説明したようにわざわざ手札に持ってくるメリットが少なく、かといって高LVモンスターは手札事故の要因になりやすくデッキからも召喚できるためこちらも手札に持つ理由が薄い。「サイレント」と名がつくモンスター以外の光属性LVモンスターも回収できるが、数が少なすぎて何の慰めにもならない。

といったように3つの能力すべてが弱いという逆に凄いモンスターとして、このカードは有名になってしまった。
可能な限り早期にサイレント・マジシャン/サイレント・ソードマン達を手札に加えて召喚したいのであれば、採用出来るかもしれないが。
ちなみに1年前の同日に発売されたVジャンプに付いてきたカードも同じく産廃クラスとして名高い「絶望神アンチホープ」であり、そのことでも話題となった。

関連イラスト

センシティブな作品



関連タグ

遊戯王 遊戯王OCG
星4 光属性 天使族 効果モンスター
レベルアップモンスター サイレント・マジシャン サイレント・ソードマン

外部リンク

遊戯王カードwikiにおける「沈黙の魔導剣士-サイレント・パラディン」の項目

関連記事

親記事

サイレント・ソードマン/サイレント・マジシャン さいれんとそーどまんとさいれんとまじしゃん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「沈黙の魔導剣士-サイレント・パラディン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79359

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました