ピクシブ百科事典

洛山VS秀徳

あかしたいみどりま

『黒子のバスケ』の175Qから始まったウィンターカップ準決勝の試合。赤司率いる洛山高校と緑間を擁する秀徳高校の対決のこと。
目次[非表示]

概要

黒子のバスケ』の175Q~183Qまで行われたウィンターカップ(WC)準決勝、洛山高校対秀徳高校の試合。

  • 赤司対緑間というチート対チートのハイレベル対決。
  • バスケしている姿を碌に見せず、序盤以来出番が無かった赤司のバスケと彼の能力が明らかになる。
  • 無冠の五将の残り3人の詳細が判明。

など、本作のメインである誠凛高校の試合以上に注目する点、盛り上がる点が多い試合である。

全体の流れ

174Q

試合前の出来事が描かれた回。
海常戦に臨むにあたり、火神大我青峰大輝からバッシュを譲り渡される。
洛山秀徳の両チーム選手が入場。無冠の五将残りの3人の容姿も公開される。



175Q

赤司「すべてに勝つ僕はすべて正しい」
帝光時代の緑間と赤司の将棋対決の回想。
当然のように赤司が勝利。

緑間「来い赤司。約束通り教えてやる、敗北を」
試合開始。

緑と赤の人



176Q

洛山の監督、白金永治登場。

177Q

回想にて緑間、高尾と先輩達との交流が描かれる。
宮地がドルオタであることが判明。
緑間「このチームに足手まといなど、俺は知らない」

178Q

赤司の能力「天帝の眼(エンペラー・アイ)」が判明。驚愕する秀徳&観客ら。
赤司「頭が高いぞ

【ネタバレ?】そうか、こういうことか。



179Q

追い詰められる秀徳
緑間と高尾はこれが先輩達とプレーできる最後の試合だと決意を固める。
緑間「行くぞ高尾。とっておきを見せてやる」
高尾「おーよっ」

【179Qバレご注意】フラッシュバック



180Q

緑間と高尾の合体技が披露される。
日向「まるで秀徳の光と影だぜ」

秀徳バスケ部一年



181Q

自殺点を決めることで、秀徳に押され気味だった洛山のメンバーを奮起させる赤司。
赤司「両の目をくり抜いてお前達に差し出そう」



182Q

赤司の発破により洛山の勢いは止まらず、秀徳は食い付けなくなりついに…
赤司「眠れ、歴戦の王よ」

183Q

洛山86-秀徳70にて試合終了。涙する秀徳のメンバー。
高尾「今はちょっと なぐさめてやれねーわ」
緑間「悔しいな…やはり負けるというのは…」

明日へ連れて



緑間は赤司に敗北を告げ、「次は勝つ」と握手を求めるが、
「久しぶりにホネのあるゲームだった、感謝する。だがその握手は受け取れない」と赤司は拒否。
赤司「勝利こそすべてだ。僕はお前達の敵であることを望む」
緑間「変わらないな赤司…あの時から」

観客に挨拶し、洛山と秀徳は会場を後にした。
次の試合は誠凛VS海常。黄瀬と火神・黒子は互いに宣戦布告をする…。

関連タグ

黒子のバスケ 黒バス感想リンク
洛山 秀徳 キセキインテリ組 無冠の五将

赤司征十郎 緑間真太郎
実渕玲央 根武谷永吉 葉山小太郎
高尾和成 宮地清志

pixivに投稿された作品 pixivで「洛山VS秀徳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44428

コメント