ピクシブ百科事典

琴古主

ことふるぬし

鳥山石燕著の妖怪画集『百器徒然袋』に記載されている琴の付喪神。

概要

鳥山石燕著の妖怪画集『百器徒然袋』に記載されている琴の妖怪

箏曲で使用される筑紫箏が妖怪化したものとされ、破損したに目や口が現れ、ざんばら髪の様になった絃(糸)を持った姿をしている。

また、一部の書籍では景行天皇の命で家臣たちが佐賀県の神埼郡南部のとある丘で宴の場を作り、その事に喜んだ天皇が記念として琴を丘の上に置くとみるみる姿を変えて巨大なへと変じた。

それ以来、夜にこの楠の付近を通ると何処からともなく琴の音色が聞こえるようになり、何時しか“琴古主”と言われるようになったとされるが、実際の伝承ではそのようなその名前の記述は無い為、何故妖怪の琴古主と関連付けられるようになったのかは不明となっている。

関連項目

付喪神

関連記事

親記事

付喪神 つくもがみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「琴古主」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3263

コメント