ピクシブ百科事典

百樹丸雄

ひゃっきまるお

漫画『ヤングブラック・ジャック』の登場人物。

概要

CV:宮野真守
本越大学医学部にやってきた講師で、両手足は自身が開発した義肢になっている。

かつては帝都大学で優秀な外科医として働いており、本間丈太郎医師の元患者であるとは知己の関係である。瀕死の間黒男を蘇生させた本間の執刀に感銘を受け、その神業にたどり着くことを夢見ていた。しかし交通事故によって両手足を失ったことで帝都大学を追われ、恋人の澪とも離れることになった。
帝都大学を去ってからは義肢の開発や身障者のリハビリの研究を仕事にしており、気さくで明るい性格から人気の講師となっていた。

モデルは『どろろ』の主人公である百鬼丸

余談だが原作ブラックジャックにも百鬼という医師が登場している。

以下ネタバレ

百樹は外科医として再出発するべく、手術器具を格納した特殊義肢とそれを自在に操るシステムを開発。黒男の手術によってそれを自身の体に組み込み、見事再起に成功する。この特殊義肢のおかげでかつての職場だった帝都大学から手術の依頼を受け、これを外科医復帰の第一歩とすべく励んでいた。
しかし患者から「機械仕掛けの人間に手術をされるのは気味が悪い」という理由でキャンセルされてしまう。

この直後、自身が遭った事故が人為的であることを知り、事故の真相を知る多野を交通事故を人為的に起こすことで殺害。この時多野の右腕を奪っている。
無関係の自分が帝都大学のキャリア争いに巻き込まれる形で事故に遭い、あまつさえ医師としての未来も他者の悪意によって断たれた事を知った百樹は怒り狂って復讐を決意。
その後左腕の義肢を家宝の刀である「百鬼丸」に付け替え、多野の共犯者だったと鯖目を襲撃。宝は瀕死の重傷を負い、鯖目は死亡した。

かえせ 返せ 還せ


続いて首謀者である大剛景光を殺害しようとするが、警官隊に発砲されて片目を失う。倒れていた所を黒男に治療されるも警察に逮捕された。その後の裁判では宝の偽証によって狂人として死刑が言い渡された。

しかし実は間は治療の際に鍵開け道具入りの義眼を仕込んでおり、百樹はそれを用いて脱獄に成功。隠居していた大剛の死を見届けた後、海外に逃げた宝を追って戦地へと渡ったのである。

pixivに投稿された作品 pixivで「百樹丸雄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43906

コメント