ピクシブ百科事典

的場伊万里

まとばいまり

「的場伊万里」とは、高橋慶太郎のマンガ作品である「Ordinary±」の主人公、及び「デストロ246」の登場人物である。
目次[非表示]

概要

的場伊万里」とは、高橋慶太郎のマンガ作品である「Ordinary±」の主人公、及び「デストロ246」の登場人物である。

黒髪ショートカットつり目な「小柄な少女」。

実は、小柄な体格でありながら、大型な銃器さえも扱える、超有能な暗殺者

基本的には、人間の限界を越える素早さをもって、小型ナイフを用いた近接戦闘で、「獲物を仕留める」。

凶暴JKいろいろ



また、仙崎に雇われている闇医者である「美濃芳野」を「友達」としている。

ちなみに「左利き」。

以下、2作品の「的場伊万里」について、それぞれに解説する。

「Ordinary±」

Ordinary±

東京都にある、超巨大複合学園「国立西東京総合学園」の女子高生。

本作では16歳。
1年15組に所属。
小柄で無口、そして日本語に疎いことから、学園内では「いじめられっ子」となっている。

しかしながらその正体は、学園の創設者である「仙崎時光」直属の「文部省教育施設特査」の職業兇手、つまりはヒットマンであり、殺し屋である。
仙崎からの指令により、学園内に巣くう「非合法活動を行う者」の「消去」を、その使命としていた。

本作では「ターゲットとの交流」が物語の軸となっている。

そして本作の「オウル編」にて、
中華圏の出身であり、とある「組織」で、「オウル」と呼ばれる暗殺者として育てられた事が判明する。

背徳の殺し屋たち



「デストロ246」

デストロ246

本作では高校3年生となっている。

相変わらずの小柄であり、透野藍透野翠からは「新宿のチビ」、万両苺からは「コロボックル」と呼ばれたりしている。

前作と変わらず、仙崎直属の殺し屋をしているが、仙崎が「学園内の粛清に『飽きてしまった』」ため、学園内外問わずに殺しの任務を遂行しており、伊万里自身もその状況に「飽き始めている」。
また、「暗殺者としての仕事」に嫌気が差しており、「普通の女の子になりたい」という望みが芽生えつつあるものの、
その一方で「組織」によって施された「洗脳」により「暗殺者としての生き方」を否定出来ず、心理的な葛藤からくる頭痛に苛まれる事になる。
この伊万里の「生き方の葛藤」が、本作の主題でもある。

いまり



また、任務外での戦闘は避けたい、と思いつつも、つ無意識の内に「通常の人間の限界を超えた」超常的な「戦闘モード」に突入したり、
透野藍」や「透野翠」たち「透野グループ」や、
万両苺」率いる「万両組」が引き起こすトラブルに巻き込まれてしまい、事態の収集と、「両グループの均衡」を図る様になっていく。

デストロ246



そして、前作からの友達である「美濃芳野」と、本作で新たに友達となった「一ノ瀬葉子」からの影響により、「心の葛藤」が大きくなっていき、物語終盤で仙崎に「半旗を翻す」ことになる。

関連タグ

高橋慶太郎

Ordinary± デストロ246

少女
チビ コロボックル

オウル 

職業兇手 ヒットマン 殺し屋
暗殺者

pixivに投稿された作品 pixivで「的場伊万里」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 443

コメント