ピクシブ百科事典

皆実線

みなみせんあるいはひじやません

広島電鉄が所有する軌道線の一つ。運行系統上は「比治山線」と呼ばれることが多い。
目次[非表示]

説明

広島電鉄皆実線は、的場町電停で本線から分岐し、皆実町6丁目電停で宇品線に合流する全長2.5kmの軌道線。全区間が広島市南区で完結する。
第二次世界大戦末期の1944年、軍港である広島港宇品港区への輸送力強化を目的に建設され、同年12月27日に全線開業した。市の中心市街地である八丁堀・紙屋町周辺を通らずに広島港へショートカットする分、広島港フェリーターミナル対新幹線のアクセスでは重宝されやすい。

停留場
停留場番号接頭の"H"は比治山に由来。

的場町(M3/H3) - 段原1丁目(H4) - 比治山下(H5) - 比治山橋(H6) - 南区役所前(H7) - 皆実町2丁目(H8) - 皆実町6丁目(H9/U9)

本線からの連番となっているためか、H1・H2は欠番である。また宇品線とも何気に番号がつながっている。

乗り入れる運行系統

現時点で皆実線に乗り入れてくるのは、広島駅~比治山下~広島港を結ぶ比治山線のみである。
この比治山線は、5号線と称し、一部に広島駅~比治山下~宇品2丁目、広島駅~比治山下~皆実町6丁目の区間便があるほかはすべて全区間を通し運行する。700型・800型を中心とする単車と、超低床連接車1000型が使用されることが多いが、平日の朝夕通勤時間帯には、1000型以外の連接車が使われる傾向が強い。

なお、古くは戸籍上の皆実線そのものが比治山線という路線名を用いていた時期があり、これが今日の5号線の愛称にもなった。

関連項目

本線(広島電鉄) 宇品線

コメント