ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

真祖とは、富士山の噴火前から既にヴァンパイアであった者たちの総称である。噴火後に火山灰を浴びることで生まれた並のヴァンパイアたちとは比べものにならないほどの戦闘力を誇り、作中で行われる戦いは真祖たちの中から、現王ゴアに挑む資格がある者を選定するという目的の元に行われており、彼ら以外のヴァンパイアはあくまでただの兵隊であり、真祖同士の争いにおいてはオマケでしかない。

その人数は『一つの時代につき3人』と定められており、現王ゴア自らが傑出した才覚と王器を持つ人間を選び、直々に心臓を与えることで真祖としている。

彼らは一人一人に掲げる理想と望む世界の形があり、その思想は三者三様。また、彼らのようにその胸に強い理想を持ち、望む世界の形がある者はヴァンパイアとしての能力が非常に高いことが判明している。


特徴

前述した通り、彼らは全員が圧倒的な戦闘力を誇り並のヴァンパイアではまるで歯が立たない。作中で並のヴァンパイアが真祖と対等に戦闘を行えた描写はほとんどなく、まともに戦えたとしても僅か数秒であったりD・ナイトで僅かに影響を与えるに留まる。

身体的な特徴としては、彼らの能力の総合値は横並びであり個々でステータス配分に差がある程度。つまり彼らの勝敗を分けるのはそのパラメータの配分人間時代からの才能

また、彼らは生物としての完成体であり、並のヴァンパイアのように遺灰物(クレメイン)を喰らったり、人間の血を吸って能力が向上することはない。彼らが自身の能力を上げるには他の真祖を殺し、その心臓を喰らう必要がある。

その際、ステータスが大幅に向上するだけでなく、前の心臓の持ち主の能力も引き継ぐことが可能。実際にユーベンの心臓を喰らった日ノ元は彼の『高硬度の小麦を操作する能力』を手に入れている。

さらに最も重要な点が、真祖の心臓を喰らうと知覚面が強化され、他の真祖の居場所、そしてゴアの心臓の在処を察知出来るようになる。そのため、王を決めるこの戦いで勝者となるには、どうあっても真祖同士の殺し合いは避けられないのである。


該当人物

ドミノ・サザーランド

血灰まとめ4

本作の主人公。金髪碧眼の美少女であり、掲げる理想は『絶対女王制』。作中初めて登場した真祖であり、もう一人の主人公佐神善と行動を共にし、彼をヴァンパイアの世界へと誘った張本人。

自身を『女王様』と自称し、高圧的な態度が目立つがその根底には他者を思いやり、救わんとする慈愛に満ちた優しさがあり、王道を歩む者としての高潔さも持ち合わせる。その人間性は多くの人物から「英雄」と称されており、敵陣営からも評価されている。

その高いカリスマ性から狩野京児をはじめとした少数精鋭の『チームドミノ』を結成し、戦いに臨む。


センシティブな作品

その変身体は極めて露出度の高く、コウモリを模したようなもので、作中では『ケツ丸出しの痴女』、『ダイナマイトボディ』、『裸のコウモリの人』などと散々な言われようだが、本人は一向に気にしている様子はない。


能力は『見えざる手』

範囲内のものを対象に、不可視の手で捻じ切り、竜巻を発生させ、瓦礫を操作して操り、トラックなどの鉄塊を鋭い槍状に変形させて打ち出すことも可能など、超常現象に近しい事象を引き起こす

しかしこの能力の真髄は殺傷力ではなく『人命救助』にあり、瓦礫の下敷きになった人間を何十人も救い出したり(本来ならば資格を持ったプロ数人がかりで様々な作業を行ってようやく可能なもの)、毒ガスに苦しむ人々を完全に解毒することができるなど、ミクロ単位で力のコントロールが出来るほどの異常な精密さを誇る。ただその反面、高出力攻撃の調整は不得手である。



ユーベン・ペンバートン

ユーベンさん

『株式会社ゴールデン・パーム』を率いる長髪の男性。掲げる理想は『金食礼賛』。望む世界の形は『飢えなき世界』

農作物の輸出入を手掛けており、僅か一代で会社を築き上げた上、莫大な富を有している。そのカリスマ性で部下を率いるドミノや日ノ元とは対照的に、部下には戦う見返りとして給料を支払っていることが特徴的で、その配下たちは『報酬金が目的の社員』と『ユーベン自身の理想に共感し付いて行く社長』に二分化されている。

常に余裕を持った物腰で行動している野心家であり、『ファハハハハ!!』という独特の笑い方をする。また、人間時代は中世を生きた人間であり、巨大な領地を統治していた。


ユーベン・ペンバートン

その変身体は豪華絢爛な金一色の騎士。彼を慕う部下たちですら『なんて成金趣味なの…!?』とドン引きしていた。


能力は並のヴァンパイアでも持ち得る『高硬度の物質を操作する』というもので、類似能力者には日ノ元明芭藤などがいる。彼の場合は金色の小麦を操る能力であり、これらを用いて剣や盾などの武器や、大掛かりなトラップ、果ては巨大なドームまで形成することが可能。

人間時代は騎士であったことや、真祖となってから40年の武術の修練を積んでおりその武は人外の域と評されているが、真祖の中では才能に劣る方である。実際、日ノ元からは凡才と酷評されていた。



日ノ元士郎

日ノ元士郎

燦然党を率いる褐色肌が特徴的な筋骨隆々の男性。掲げる理想は『公明正大』。望む世界の形は『陰なき世界』

元国会議員であるためその言動は典型的な政治家のもの。燦然党本隊以外に見せる明朗快活な熱血漢といった姿は全てパフォーマンスであり、その本質は民間人や身内以外の部下を愚民と見下し、目的のためには捨て駒として使い捨てにするなど冷酷無比。

だがその反面身内や血縁者には甘く、弱点にすらなるその性質を側近である葛からは『あれほどの慧眼を持ちながら、身内相手にはここまで曇るか……!』と悔やまれている。

人間時代は、政治家でありながら品種改造された国家工作員一家の当主という2つの顔を持っていた。逸材だらけの日ノ元家の中でも彼は突出した『天才』であり、万事を完璧にこなしてきた日ノ元家の最高傑作。


日ノ元士郎

その変身体は光り輝く金剛力士像のようなものであり、巨大な光輪のようなものを背負ってる。全身から常に強烈な閃光と高熱を放っており、並のヴァンパイアであれば近付くだけで発火し、消耗するほど。


能力は『超光』

全身の表面でエネルギーを高速振動させており、光に似た力を操ることが出来る。この性質を利用して指や拳から山をも消し飛ばす超高熱の熱線を放つことが出来る。

また、士郎本人が超人じみた身体能力と圧倒的な武才を有しており、徒手空拳においては間違いなく作中最強である。



エデン・ワイス

SHE IS MESSIAH ?

燦然党との決戦にて、日ノ元士郎の口からその存在が明らかになった第4の真祖。作中では一切行動を起こしておらず、士郎からも『奴は何もせん。』と断言されていたが、ユーベン、日ノ元が死亡し、ドミノが仮死状態となったことで彼女も行動を開始した。

その性質はゴアを神と崇め、自身を救世主(メシア)と自称する狂信者』。人間のことを『理性と本能の獣』と称し、意にそぐわない行動をすれば躊躇なく殺害するなど、これまでの真祖と比べると非常に小物臭い。

作中では日本を救う代わりに最終国防兵器レギオンという兵器を自分に譲ることを志月由弦国防事務次官に提案。彼と手を組み、最後の真祖として暗躍する。

ドミネコによく似たペルシャという名の猫を連れており、ドミノと似通った点が数多く見られる。


センシティブな作品

その変身体は、無数の羽で全身を覆った機械仕掛けの人形のような姿。能力とは別に関節部分に武装を内蔵しており、連射型の砲台や、剣のような車輪などを自在に発現可能。また、羽を螺旋状に凝縮させ弾丸として放つという攻撃方法と有している。


能力は『見えざる口』

ドミノの『見えざる手』と同質の不可視の攻撃であり、エデンのこれはドミノの見えざる手をより殺戮に特化させたもの。そのため、ドミノほどのミクロ単位の力の操作は不可能であり、大技の制御が効かないという点も共通している。



Re・ベイキング(戴冠式)

真祖にだけ許された奥義であり、自身の戦闘パラメータを再配分し1VS1用に特化させるというもの。

索敵能力や防御力をパワーやスピード、再生力に回すことで大幅なパワーアップをすることが出来る。だが、デメリットも存在しており『Re・ベイキングを成すまでに行った溜めに応じた制限時間がある』ということ、『溜めを行っている際はヴァンパイアの力を使用できないこと。』、そして何より『他のヴァンパイアからの横槍に弱くなる』ということである。作中でもこのデメリットを突かれ、真祖たちは追い詰められている。


ユーベン

ユーベン・ペンバートン Re・ベイキング

彼のRe・ベイキング体は彼の元の変身体にマントと光輪が備わっており、スピードとパワーが元の倍以上となっており、武の才能では大きく上回っているはずの日ノ元を圧倒してみせた。パワー、スピード、再生に他のステータスを集中させたものとなっている。発動するまでの溜めには4時間必要。



ドミノ

ドミノ・サザーランド Re・ベイキング

ユーベンの心臓を喰らった日ノ元への切り札として使用された。この技は彼女が編み出したものであり、溜め時間はユーベンの半分の2時間で済むが持続時間はあまり長くない。

そのパラメータは彼女の能力の長所であった射程・範囲・精度の全てを攻撃に回し、守備・索敵を速度と再生に加算したものとなっており、異常な速度と攻撃力を誇る。なんと真祖2体分の力を持つ日ノ元と互角に渡り合うことが出来る。

その姿は怪物そのものであり、ドミノ本体は巨大なコウモリのような姿に変化して、背中から鋭い牙を持つ2対の触腕が発現しておりそこから殺戮用に変質させた超音波を放つ。そして音速以上で超音波を纏うという芸当すら可能な正真正銘の化け物。そして特筆すべきは魔弾と呼ばれる一撃で、日ノ元に決定打となる一撃を与えることすら可能で、その攻撃力は作中最高クラスである。

さらに、2つの形態を持ち合わせており、近接戦闘時には翼や触腕のパーツを腕に纏わせ巨大な爪を持った人型に変化出来る。(画像はこちらの形態)


日ノ元士郎

日ノ元士郎 Re・ベイキング

部下たちが命を賭して稼いだ数秒で完成させたRe・ベイキング。ユーベン、ドミノのものをたった2度見ただけで再現してみせた。ただ本人も自覚している通り所詮は猿真似でありパラメータの配分も滅裂である。姿は元の変身体が左半身が白色、右半身が黒色になった彼の光と闇という強烈な二面性を端的に表現したものになっている。


余談

真祖たちの姿と内面には外見と本質が正反対という共通点がある。

  • ドミノ

悪魔のような外見をした聖女


  • ユーベン

豪華絢爛な姿の田舎者


  • 日ノ元

太陽のような光を放つ日陰者


  • エデン

人の形をした獣



関連タグ

血と灰の女王

ドミノ・サザーランド

ユーベン・ペンバートン









































ネタバレ注意









第158話『炎を超えて、海の底から』にて、白い子供の口から、5人目の存在が明かされた。正確には彼は真祖の条件を満たしていないものの、ゴアと同種の存在であり、ゴアとの交信が可能であり、彼に対する牙を持つという理由でイレギュラーながら真祖として認められた。

関連記事

親記事

血と灰の女王 ちとはいのじょおう

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました