ピクシブ百科事典

神秘!結界の巫女

しんぴけっかいのみこ

「神秘!結界の巫女」とは、東方Projectに登場する博麗霊夢の二つ名の一つである。
目次[非表示]

概要

東方Projectに登場する博麗霊夢の二つ名の一つ。
霊夢が『東方深秘録』に登場した際のものである。

『深秘録』では二つ名は「!」の記号の前後の二つの節から成り、霊夢においては「神秘」と「結界の巫女」の二つが、本作における霊夢を象徴する語として関連付けられている。
「結界」とは、霊夢が幻想郷を構成する要素の一つである博麗大結界を管理する博麗の巫女である事と、さらに『深秘録』ではそれを巡って展開されるエピソードとの両者の方面から関連するものとなっている。

「神秘」の語は弾幕アクションとしての『深秘録』の前作である『東方心綺楼』においても霊夢に関連して登場しており、こちらでは霧雨魔理沙と対峙した際に魔理沙の「魔法」と対を成すように描かれている。
『心綺楼』時の霊夢の二つ名は「八百万の代弁者」。

なおpixivでは本記事名の通りエクスクラメーションマークが半角による表記のものがタグとして使用されているが、原作中では全角による「神秘!結界の巫女」の表記となっている。
これはpixivでは全角記号をタグとして使用できないという制限があるため、当該の部分を半角による「 ! 」の表記で代用しているための違いであり、その示すところは同じである。

オカルト・都市伝説

霊夢が関連したオカルト・都市伝説は「隙間女」である。物事の僅かな間から他者を見つめる存在であるところの隙間女は、広く結界の守り人であるところの霊夢とは対比的である。一方で様々な存在を内包する幻想郷にあってその境界に立つ博麗の巫女として多様な存在の隙間に立つものでもある霊夢とみるとき、その特性は類似するものとも言えるものである。

その要素は怪ラストワードの<*あんな隙間に巫女がいるなんて!*>などに特徴的に見られるが、オカルトアタックの「博麗大結界の隙間」、あるいはCPU専用スペルカードの<結界「至る所の青山」>などでもその特異な性質を見る事が出来る。

なお、空間に巨大な亀裂を発生させる様子や、その向こう側から何かを飛び出させる様は、霊夢の他に、東方Projectにおいて境界を操るとある存在をも彷彿とさせる。

「神秘!結界の巫女」の物語

『深秘録』における霊夢のストーリーにおいて、本二つ名によるステージは他のストーリーと比べて短い。
相手が展開するスペルカードなども、他のストーリーに比べて少数である。
本エピソードの構成は製品版発表前の体験版段階のものとほぼ同様で、この体験版エピソードがそのまま『深秘録』のストーリーの導入でもあることから、製品版でも同様にこのストーリーが霊夢ルートとして設定されている。

これで霊夢が主体となるエピソードはひとまず終了する。
『深秘録』では、霊夢は主に他のキャラクターのエピソード中に登場してストーリーに関与しつつも、物語の主格としては以後長らく登場しないという特徴的な展開をたどるのである。

もう一つの霊夢の物語

「神秘!結界の巫女」としてのストーリーが展開された後は、霊夢以外の他のキャラクターの視点を通して『深秘録』の物語が様々に展開される。
その過程で様々なキャラクターたちがオカルトボールを巡る一件に関わりあるいは巻き込まれ、そして各々の物語の先で霊夢ルートではシルエットでしか確認されなかった『深秘録』の異変の起点とも言える宇佐見菫子に出会うのである。

『深秘録』では霊夢以外のキャラクターたちを通して菫子と『深秘録』での異変が多角的にアプローチされるという展開をたどる。その後全ての物語を越えた先に、菫子を主格としたストーリーが登場する。

そして更にその菫子のストーリーを越えた後に、再び霊夢のストーリーが登場する。この最終盤の霊夢ストーリーこそ、『深秘録』の最後の物語である。
この際には霊夢の二つ名も「怪奇を追え!異変を終わらせる巫女」に変化する。
終盤のエピソードにおいて結界の巫女は、二つの世界と菫子をも守るべく、異変を終わらせる巫女として自ら「外の世界」へと急ぐ。
『深秘録』の物語は、「結界の巫女」である霊夢のエピソードに始まり、「異変を終わらせる巫女」としての霊夢のエピソードで締めくくられる物語なのである。


私は楽園の巫女 博麗霊夢である! どうあっても結界は守る!
  そして人間を軽々しく死なせるもんか! 」 (霊夢、『深秘録』、「真・秘封倶楽部の決意」)

『深秘録』から『憑依華』へ

『深秘録』は博麗神社例大祭を初頒布の機会とする作品発表の他、「Play,Doujin!」を通してSONYによる家庭用ゲーム機器であるPS4を対応ハードとした作品展開も行われており、このPS4版『深秘録』では例大祭版『深秘録』に続く新たな物語が追加された。
それは作中では「EXTRA」として語られるものである。

霊夢はEXTRAのストーリーにも登場しており、『深秘録』本編以後も未だ収まることのない都市伝説を追っていた。そして同ストーリー中で霊夢はこれまでとは違った新たな怪異に出会うこととなり、その物語は『東方憑依華』へと結ばれていく。

EXTRAでは霊夢は先述の隙間的怪スペルカード・ラストワードや必殺技、オカルトアタックの他にストーリー中のCPU専用のものながら新たな怪スペルカードなどを披露しており、その様にはさらに「結界の巫女」としての性質が表れている。
特に<結界「乱暴な世界の裂け目」>、さらにそれに続く<幻想「バウンダリークラック」>では広域にわたって空間に干渉している様子も見られ、後者のスペルカード前半部などでは背を向ける霊夢が消えると同時に紫色の背景にシフトし、左右からまるで結界を切り裂くような攻撃が入る。
向こう側にいる間の霊夢は姿も見えず、被弾判定もない。
まるで結界に潜んでいるかのようなその様子は、同じく霊夢が時限的なものも含め無敵状態を帯びる<「夢想天生」>などとはまた違った霊夢が行使する能力の次元のずれ方を見て取ることができる。

これらのスペルカードなども通して実際に対峙した鈴仙・優曇華院・イナバは、このときの霊夢について「 随分本気で攻撃してきた 」と評している。


霊夢は結界を管理し、結界の在り方を識るものである。
『深秘録』においては「結界の巫女」として昨今の都市伝説のうち「隙間」にまつわるものを相性よくその力として応用しつつ都市伝説の怪異へと挑んだ。
果たして深秘の異変は解決されたかに思えたが、実際には幻想郷は都市伝説の怪異から解放されておらず、都市伝説騒動の発端にして月の都の騒乱に巻き込まれる形ともなった『東方紺珠伝』を経てもなお、それは幻想郷や霊夢を取り巻いていた。

霊夢は続く『憑依華』において、幻想郷に未だ満ち、さらなる変化を遂げた怪異へと臨んでいくこととなる。

関連タグ

東方Project 東方深秘録 二つ名
博麗霊夢

pixivに投稿された作品 pixivで「神秘!結界の巫女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35629

コメント