ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

本来は「立てたをかける」というそのままの意味だが、その水が勢いよく下に流れる様から「よどみなく、すらすらと喋る」という意味のことわざもしくは慣用句となった。

なお、「無意味な話」や「中身がない話」という意味で使用するのは誤用にあたる。

類義語

竹に油を塗る 一瀉千里

対義語

横板に雨垂れ

関連タグ

ことわざ 慣用句 スピーチ 会話

如月千早:メイン画像。おそらく「立て板に水(物理)」という意味でタグ付けされたものと思われる。

関連記事

親記事

ことわざ ことわざ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「立て板に水」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 212

コメント