ピクシブ百科事典

結城美知夫

ゆうきみちお

結城美知夫は,手塚治虫の漫画「MW」の登場人物,主人公。
目次[非表示]

概要

手塚治虫が1976年から1978年にかけて「ビッグコミック」において連載した,「MW」という作品の主人公
この物語は作者である手塚治虫自身が「従来の手塚カラーを打ち破り、あっけにとられるようなピカレスクドラマを書いてみたいと思って」打ち立てたものであり、作中内では猟奇殺人性描写同性愛などが執拗に描かれ、数ある手塚作品の中でも比較的異色の地位を占める。その主役である結城美知夫自身も、善悪の境界を超え、悪徳の限りを尽くす強烈なキャラクターとして描かれる。


経歴

関西歌舞伎の人気女形「河本玉之丞」の実の弟。
(現在は勘当され実家との付き合いは途絶えているようである)
若くして関都銀行の貸付主任を務めるエリート。有能なだけでなく上司の心を掴んで取り入る術にも長けており、同僚曰く「出世街道直登型」。

小学四年生の時に立ち寄った小島「沖ノ真船島」にて,フーテンたちに強請り目的で拉致される。その際、彼を洞窟にかくまった少年が後の賀来巌神父である。
2人で洞窟内にいた事により、辛くも島内で起きたMW漏洩事故からは逃れるが、ガスを吸った事によりその後何年も後遺症に苦しむ事となる。
その後、賀来とは同性愛関係を結び、共犯者として犯罪行為に手を染めさせる。
(実は、事件の際に賀来から水を向けられ既に関係を結んでいる。)

自分の人生を台無しにした殺人兵器「MW」に強い憎悪執着を抱いており、手に入れる為ならばどんな非道な手段を使う事も厭わない。

mw


巴という大型の雌犬を飼っている。獰猛だがよく訓練されており、結城の殺人計画にも一役買っている。


性格

子供の頃はかわいらしい少年(玉之丞談)だったとの事だが、成人後の性格は極めて冷酷残忍。目的の為なら殺人強姦などの犯罪行為も平然と犯し、むしろそれらを楽しんでいる節がある。
賀来神父は結城の一連の犯罪を「MW事件を引き起こした者たちへの復讐」と考えていたが、本人はそれを否定。MWを手に入れる目的についても「ただやってみたいだけ」「俺の人生が終わる日に全人類を巻き添えにしたい」などとうそぶく。
(ただし、終幕付近で事件隠匿の中心人物であったミンチ中将に対し、自分の人生を踏みにじられた事への怒りを露にする描写が見られる。)

十五年前の事件の唯一の生還者である賀来には、懺悔を称して包み隠さず罪を告白しているが、逆に共犯者として手玉に取る計算高さも見せる。また、彼等は性的関係を伴った同性愛関係を結んでいる。
(結城曰く「恋人」)

他の登場人物との情交は目的の為の手段と割り切っているようで、いざとなれば冷酷に切り捨てて見せるが、賀来に対してだけは煙に巻くような言動で振り回しながらも、人間らしい情愛を見せる。
賀来が信者である谷口澄子に淡い憧れを抱いていたことを知ると、嫉妬(見せしめ?)によるものか、彼女を騙して手篭めにし、無理矢理自分の虜にした。


外見

特徴的なモミアゲと黒ぶち眼鏡がチャームポイント。
また、兄と共に緩めの癖っ毛のようだが、なぜか幼少時は直毛。
中性的な美貌と性的魅力で老若男女を問わず魅了する。因みにバイセクシャル作中の主だった登場人物とはほぼ肉体関係を結ぶと言っても過言ではない。血筋故か,女装スキルが異常に高い。
人心を籠絡する術にたけており、彼に目をつけられた「獲物」は作中では例外無く彼の虜となっている。賀来神父曰く「メフィストフェレス」。


関連イラスト

MW(※腐向けご注意)
結城美知夫さん2
MW
MW



関連タグ

手塚治虫 MW 賀来巌
絶対悪 ピカレスク

pixivに投稿された作品 pixivで「結城美知夫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70228

コメント