ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

明和4年(1767年)に京都で出版された、高古堂主人(不詳)によって著された『新説百物語』に記述された怪異。

雨降る夜に京の町のとある場所を歩いていると、何かが顔に掛かってきて進もうとするのを妨げてくる。
その場を無理に通ろうとすると、和傘のろくろ部分をつかんだような感じがあり、さらにこの場に引き留めてくる。
しかし、その妨害をやり過ごすと何もなくなるのだという。

この怪異はツイッターの伝承妖怪お題絵において、平成25年5月のお題として出され、妖怪絵師によって新たな姿が与えられた。

関連イラスト

なわのうれん
【伝承妖怪お題絵】縄簾:なわのうれん【二〇一三:五月】



関連タグ

妖怪  暖簾

関連記事

親記事

妖怪 ようかい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「縄簾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 0

コメント