ピクシブ百科事典

美作武史

みまさかたけし

「アイドルマスターSideM」元警備員のアイドル候補生である。
目次[非表示]

いざ尋常に決闘だ!
手加減無用の二刀流アイドル!

プロフィール

年齢22歳
身長183cm
体重73kg
誕生日6月13日
星座双子座
利き手
出身地岡山県
趣味日本画制作
特技スイングジャグリング
座右の銘千日の稽古をもって鍛となし、万日の稽古をもって錬となす。


概要

 ソーシャルゲームアイドルマスターSideM』で開催されていたイベント「新アイドル発掘オーディション」にて、アイドル候補生として登場した9人のうちの1人。エントリーナンバーは1番。当イベントで登場した9名の新キャラクターはいずれも歴史上の人物がモチーフとされている。
 美作武史は日本最強の二刀流の剣豪として有名な宮本武蔵がモチーフとされている。((生誕の地とされ、宮本武蔵駅があるのは岡山県美作市、死没が美作武史の誕生日の6月13日である為)
 墨のような黒とサムライブルーの二色の髪色に、逞しく生きる自然の緑のような瞳の色をしている。また二刀流に見立てたであろう警棒二本を持つ姿をしており、黒いスーツのワンポイントとしてなのか、黒ネクタイに青くスタイリッシュに"二天一流"の文字が刻まれている。

前職は警備員であり、警備職の中でも主に要人警護等を担当していたようだ。


「アイドルを志望した理由」の欄で

 「最強を目指し、強敵とめぐりあうため。」

と記載している。

また、自己PRについては

 「アイドルを目指すと決めたからには、必ず勝つつもりで挑む。」
 「これは決闘だ。」

 「この世に生を享けたからには、最強を目指し、己の力を試すべきだ。」
 「アイドル界にひしめく強者に打ち勝つまで、俺は歩みを止めはしない。」

と語っており、勝利についての拘り、執着が強いと感じることができる。

負けや挫折を好まないとても男らしい性格だと読み取れるが、モチーフとされている宮本武蔵と同じく芸術方面にも関心があるようで、彼の趣味は日本画制作となっている。
 特技の方はスイングジャグリングであり、警備員という職業からのギャップが強い部分がある。(大道芸のイメージが強いが、近年はスポーツとしての愛好者が増えているようで、直接人に見せることを目的とせずにジャグリングを楽しむ人もいるようだ。)
 ジャグリングについては公園にて真顔でしているのを見掛けたと蒼井悠介が語っている。
 真顔でやるという事は、ジャグリングは彼にとっての精神統一の一種なのだろうか。

 彼の強者だと思う基準がどういったものか不明だが、円城寺道流に決闘を申し込んで驚かれている。
「レッスン中に見学に来てくれたんスけど、いきなり『決闘を申し込む!』とか言い出して・・・はは、驚いたッス!」
レッスン内容にもよると思うが、どんな決闘内容を提示したか、そもそも決闘を行ったのかとても気になる部分が多い。

投票コメントについては

 「推薦、感謝する。だが、未だ道半ばだ。油断はしない。」

結果発表時のコメントについては

 「まずはこの結果を真摯に受け止める。だが戦いはまだ始まったばかりだ。勝利を掴むまで俺は諦めない」

と語っている。
勝利に飢える獣のような心が満たされる日は、一体いつになるのだろうか。


現状

「新アイドル発掘オーディション」では、北村想楽葛之葉雨彦古論クリス(後にユニット「Legenders」を結成)が合格し、美作武史は残念ながら落選となった。

しかしこれで終わりではなく、公式アナウンスによると「今後もチャンスが与えられる」という。
それが第2回オーディションの開催かTVアニメか、もしくは全く別のコンテンツになるかは現状では不明だが、まだデビューの道は残されている……はずである。

関連タグ

アイドルマスターSideM
315プロ 新アイドル発掘オーディション アイドル候補生

武士:読み方を変えると武史は武士になる。
剣豪 警備員

宮本武蔵:名前の由来とされている。

関連性の高いアイドル

名前登場作品関連性
牙崎漣SideMアイドルになった理由が「最強になるために決まってるだろ!」と、少し似ている部分もある為、今後最強についての張り合いがあるかもしれない。
円城寺道流SideM強者だと思われ決闘を挑まれている。
赤西瑛梨華乙倉悠貴藤原肇アイドルマスターシンデレラガールズ同じく岡山県出身のアイドル。


新アイドル発掘オーディション参加者

No.名前合格
1美作武史
2三条悟朗
3風間忍
4白石瑛流
5北村想楽
6葛之葉雨彦
7猪狩礼生
8安堂鞠王
9古論クリス

関連記事

親記事

新アイドル発掘オーディション しんあいどるはっくつおーでぃしょん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「美作武史」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 675

コメント