ピクシブ百科事典

腕ひしぎ十字固め

うでひしぎじゅうじがため

多くの競技で見られる割とポピュラーな関節技の一種

概要
柔道、ブラジリアン柔術総合格闘技プロレスなど様々な競技で使用されるいわば関節技の代名詞である。
相手の腕を足で挟み込み自分の手で引き寄せる技だが見た目の単純さとは裏腹に腰の位置や足の使い方など、しっかりと相手を仕留めるには細かい技術が必要で、柔術や柔道出身の選手でも何度も技を掛けなおしたり、極めそこなって逃げられるシーンが総合格闘技においては珍しくない。
ポピュラーな技だけに様々な選手が独自のプロセスで技を掛けるため、マウント、バックマウント、サイド、上四方、ガード下、スタンドなどほぼすべてのポジションから極めることが可能で、如何に多くのプロセスを用いて極めるかも重要な要素である。

相手の肘関節の脱臼や関節周囲の骨折、それによって血腫ができ最悪の場合死に至る可能性もある技なので、素人は絶対真似しないようにしてください。

pixivに投稿された作品 pixivで「腕ひしぎ十字固め」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 224471

コメント