ピクシブ百科事典

草冠宗次郎

くさかそうじろう

草冠宗次郎とは、『劇場版BLEACHThe DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸』に登場するオリジナルキャラクター。
目次[非表示]

CV:石田彰

概要

日番谷冬獅郎の真央霊術院の同窓。
恋次の話によると彼は既に亡くなっており、亡くなったのは冬獅郎が霊術院を卒業した直後だそうだ。

関連ダグ

劇場版BLEACH もう一つの氷輪丸 日番谷冬獅郎














ネタバレ注意

冬獅郎の親友であり、霊術院時代仲良く過ごしていた。冬獅郎と同じ斬魄刀、氷輪丸を持っていた。草冠は冬獅郎を天才だと賞し、彼の才能に嫉妬しながらもそれ以上に彼に対して友情を抱いており、尸魂界に忠誠を誓っていた。しかし、同じ斬魄刀を持つことは許されず中央四十六室からお互いに殺し合うように命令される(何故同じ斬魄刀を持ってはならないのか明確な理由は明かされていない)。草冠は冬獅郎と戦うことを選ぶが冬獅郎は最後まで拒否を続けていた。しかし、結果的に冬獅郎が勝利し、草冠は一度死んだ。恐らく、草冠の目元の火傷はこの戦いでできた傷。

草冠は王印の力により蘇生し、虚圏に潜伏していた。機会を見計らい、王印を強奪、冬獅郎とも手を組もうとするが冬獅郎はこれを拒否。草冠が冬獅郎と手を組もうとしていたのは王印の力を解放させる為。この王印は卍解を会得している者が斬ることで時間、空間、次元を操ることが可能であり、草冠はその為に冬獅郎を仲間に引き入れようとしていた。しかし、それが無理と判断すると自ら王印を斬り、その力を振るう。しかし、卍解を会得していない草冠では王印の制御は不可能であり、王印が暴走し、尸魂界が崩壊する危機を迎えてしまう。
最初、冬獅郎は一人で草冠と決着を着けようとするが一護の言葉により一護達と協力することに決め、結果、一護と共に草冠の暴走を止めた。最後に草冠と冬獅郎の一騎討ちになり、またしても冬獅郎に敗北した草冠はやはり冬獅郎は天才であったこと、二度も同じ相手に殺されたこと、そして「もし俺達が…」と言い残して消滅した。冬獅郎には草冠が言おうとしていた言葉の意味が分かっていたのかもしれない。

その後、草冠の墓に冬獅郎は乱菊と共に訪れ、草冠の刀を墓に置いて行っている。これが冬獅郎なりのけじめなのだろう。

関連記事

親記事

もう一つの氷輪丸 もうひとつのひょうりんまる

pixivに投稿された作品 pixivで「草冠宗次郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 294486

コメント