ピクシブ百科事典

薬剤学

やくざいがく

学問の一種。医学の一分野

薬物治療に資するために、未加工の原薬を加工し利用するための、より効果的な方法について研究する医学または薬学の一分野。単なる物質である薬物を、薬剤としての形(剤形)として設計、製造、輸送、保存、調剤、投与し患者の体内の標的部位に到達するまでの各過程について取り扱う。

薬剤学の諸分野

薬物動態学 - 薬剤を生物学的側面から研究する学問。薬物の体内動態(薬物が患者に投与された後、その薬物とそれに由来する物質の体内の各部における濃度と時間による変化そして、体外への排出経路、排出量と時間による変化)の記述、説明、予測、制御について研究する。別名、生物薬剤学
物理薬剤学 - 薬剤を物理化学的な側面から研究する学問。製剤学のための物理化学的な基礎であり、製剤学の一分野とされることもある。薬剤の品質の向上、維持、または適切な体内動態を示すような薬剤の設計、製造に寄与する物理化学的な知識を扱う。
製剤学 - 薬剤を製造する方法を研究する学問
調剤学 - 薬剤師の実務について研究する学問。薬剤の取り扱いや保存だけでなく、処方箋の理解と監査、薬剤についての情報の取り扱い、患者への服薬指導を含む。

関連タグ

化学 薬学 薬理学

コメント