ピクシブ百科事典

衛宮矩賢

えみやのりかた

衛宮矩賢とは、「Fate/Zero」の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:千葉一伸

衛宮切嗣の父親。
四代目にして魔術協会から封印指定される域にまで、体内・小因果の時間操作に特化した家伝の魔術を昇華させた天才魔術師である。

封印指定を受けたことにより、妻は切嗣を産んですぐ魔術協会の追手に殺され、息子を連れて世界各地を逃げながら研究を行なっていた。
魔術師らしい冷徹な性格の持ち主だが、息子のことは普通に愛していた。

政治闘争に被れた魔術協会の「一般的な魔術師」とは違い純粋に根源に目指し探求を続ける現代になっては稀有な魔術師。
固有結界を造り出し、その内部の時間の流れを無限に加速させることで根源に至ろうと考えていたが、人間の肉体のままではその過程を実現することも耐えることも出来ないことが分かったため、不老不死となるべく死徒化に関する研究も並行して進めていた。

最期は、彼の研究が原因で起こった悲惨な事故を目の当たりにした息子の切嗣の手により射殺された。

切嗣の異端の魔術師を狩るという人生観に影響を与えた最大の元凶と言っていい人物だった一方で、今でも大切な人という認識になっている。

アニメ版においては原作に比べると冷徹・非人道的な魔術師という一面がやや強調されており、切嗣を待っていたのも単に証拠を隠滅するためという意味合いが強い描写になっていたり原作同様切嗣の安否を気にかけてはいたが無事に戻ってきた彼を抱きしめる描写もなくなっている。
よりにもよって、この回が初回放送された日がこどもの日だったりする。

人間関係

衛宮切嗣
実の息子。目的のためには手段を選ばない典型的な魔術師であった矩賢も、彼のことは父親らしく普通に愛情を注いでいた。しかし最期は「小を切り捨て大を救う」という考えに至った彼の手で射殺される。
シャーレイ
アリマゴ島の地元住民の少女。旺盛な好奇心と魔術への資質を見い出し、助手として使っていた。実質的には利用しているに過ぎない相手だったが、それまでの経歴柄同年代の友人が居なかった息子切嗣と親しくしてくれたため、それなりの情はあった模様。
ナタリア・カミンスキー
フリーランスの魔術師。直接の面識はないが、彼女がアリマゴ島を訪れたのは封印指定である矩賢の身柄を拘束するためであった。

関連イラスト

切嗣誕生日おめっとさん
【Fate/Zero】18話ェ………


親子愛
親子



関連タグ

Fate/Zero 衛宮切嗣 魔術師 眼鏡 シャーレイ

関連記事

親記事

衛宮切嗣 えみやきりつぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「衛宮矩賢」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52119

コメント