ピクシブ百科事典

超操縦メカMG

ちょうそうじゅうめかえむじー

『超操縦メカMG』とは、任天堂から発売されたニンテンドーDSのゲームである。
目次[非表示]

概要

ゲーム中に登場する100体以上のマリオネーションギア MG)という巨大ロボットを動かして様々なミッションをクリアしていく3Dアクションゲームであり、70〜80年代のロボットアニメを髣髴とさせる雰囲気を持つ。

各MGには個性的なコックピットが設定されており(こちらは50種類以上)、下画面をこれらのコックピットに見立てて操作する。
それぞれに対応したタッチアクションを行うことで攻撃などのアクションを行うことが可能。
ボタンでのアクションは移動のみであり、攻撃・変形・(車型MGなどの)運転・自爆などのアクションは全てタッチパネルで行う。

ミッションの数も多く、敵を倒すものだけでなく、障害物の破壊や運搬、車型MGによるレースなど様々なものが用意されている。
ストーリーの進行に関わるメインミッションのほかに、膨大なサブミッションが用意されており、ワールドマップ上を移動して自由に選択し進めていくことができる。ステージごとに、イージー(E)、ノーマル(N)、ハード(H)、スーパーハード(SH)の4段階の難易度選択が可能なほか、一度クリアしてもいつでも再チャレンジできる。

ミッションをクリアすると、MGやパーツの購入・製作に使える資金が稼げるほか、MG本体や設計図などのアイテムも入手できる。
MGの数は多岐にわたるが、簡単に手に入るものだけではなく、出現確立の低いMG設計図(MGを作る為の全てが記された、人形師が命より大事にする物。AとBの2つに分けられており、両方を手に入れないとMGが完成しない)を手に入れる必要のあるMGもある。
ストーリー最終盤以降は、レアなMG・強力なMGを手に入れようとすると設計図からの製作が必須になるが、ミッションごとに入手できる設計図が決まっているため、ギャンブル感は薄い。
ただ、クリアすれば必ず手に入るというわけではなく、しかも難易度によって出現確率が変動するため、高難易度の地獄ミッションに何度も挑む必要があったりする。

ニンテンドーDSというスペック的には決して高くないハードのソフトだが、ビルの立ち並ぶ街や、機械が支配する不気味な工業(?)地帯、風情溢れる洋風・和風の街、荒れ果てた荒野、草木の茂った平原など、様々なステージがフル3Dで描かれており、巨大ロボを操る快感を十分に味わえる。
ただし開発がサンドロットなので、特有の処理落ちもまた健在である。
発売から7年が経過した2013年現在でもファンは多く、ニンテンドー3DSWiiUなどでの続編製作を望む声も大きい。

ちなみに、CMには水木一郎が起用され、熱い歌声でこのゲームの魅力をアピールしまくっていた。

ストーリー

人形師たちの技術と努力によって生まれた糸操り人形(マリオネット)、機械仕掛けの巨大人形『マリオネーションギア』。ある日、クロノタウンに住む人形師見習いの主人公は旧式のMGに乗ることを許された。しかし、生まれて初めてMGを操縦する主人公の前に無人のMG『オートマン』が現れ破壊活動を始める。あれを倒せば人形師としての腕を認められると考えた主人公と親友のケイはオートマンとの勝負に出たのであった。

主な登場人物

主人公
人形使いを目指す13歳の少年。クロノタウンの学校に通いながらガロイ工房で見習いとして働く。
普段はのんびりしているが、強い意志と大きな才能を秘めている。
プレイヤーの分身という向きが強く、殆ど台詞がない。彼の発言は「……」で表現されることが多く、かなり寡黙な子という設定にも、その発言内容を完全にプレイヤー自信に委ねているとも受け取れる。
ゲーム雑誌『ファミ通DS+Wii』内で連載されていた漫画ではジンという名前になっている。

ケイ
人形技師を目指しガロイ工房で修行している13歳の少年。主人公とは親友同士で、共に夢を追いながらいつも一緒に行動している。
古い人形や技術に対して偏見を持っており、最新の技術や人形を好んでいる。
主人公とは対照的に喜怒哀楽が激しく、明るいお調子者といった少年である。具体的な内容を一切喋らない主人公に代わって、よく喋り物語を進めてくれる。

ガロイ
ガロイ工房の主で、人形の修理や整備を行っている技師。
かつては世界中を放浪していたらしく、八工房の人形師たちとも親交がある。
1年前から弟子(主人公とケイ)を育てるという大役に挑戦中。

メリッサ
ガロイの一人娘。少々男勝りな性格で父の工房を手伝って育った。
MG運搬車両「オメガ・カーゴ」の運転ライセンスを持つ。
カッコイイ男性に弱いが、暴力的な考え方は苦手である。

アンマリー
本名:アンマリー・ダンクール。
人形使いの名門、ダンクール家の娘。ヒロインの立場に一番近い。
幼い頃から厳しい訓練を受けてきたため、13歳とは思えないほど人形の扱いに長けている。
自分の腕に過剰な自信を持ったわがままな性格だったが、主人公に4つの勝負全てに負けたあとは少しおとなしくなり、だんだんと仲良くなっていく、というわかりやすいツンデレキャラ。

関連タグ

任天堂 マリオネーションギア 八工房

pixivに投稿された作品 pixivで「超操縦メカMG」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31019

コメント