2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

輝村獅門

きむらしもん

近藤信輔の漫画作品「忍者と極道」に登場するキャラクター(メイン画像左)
目次[非表示]

概要

『忍者と極道』の外伝作品である『獅子の華』に登場する〝獅子口の極道〟の字名を持つ極道。語尾に常に「よう」と付ける癖がある。
二丁の機関銃を手足のように操り、また極道技巧"【超絶対味覚】"で半径約50mを味覚によって感知し、さらに共感覚によってそこに秘められた人間の感情を味として見抜くことで忍者の不意打ちすら受けないという凄腕の殺し屋。現在の極道のように「地獄の回数券(ヘルズ・クーポン)」により忍者と同等の身体能力を有しているわけではないが、覚醒剤(ヒロポン)によって忍者の一撃に耐えられるだけの耐久力は得ている。

活躍


物語序盤はとにかく笑顔を見せない人物であったが、偶然出会った若かりし頃の璃刃壊左が提供したタンポポの根の珈琲が自らの追い求めていた貧しい頃に母が淹れてくれたものだと知り、以降は笑顔を見せるようになり思い出の味と再開させてくれた壊左と友情を結ぶ。

しかし実は彼こそが東京大空襲の際に壊左の視力を低下させた因縁の相手であり、さらに忍者の長である神賽惨蔵に目をつけられてしまう。
彼が化けた商社の社長に壊左を殺すように依頼され、仕事と友情の狭間で揺れ動くも「他の奴に殺される位なら」と依頼を受け、時同じくして獅門こそが東京大空襲のときに自身を返り討ちにした「獅子口の極道」であると知った壊左に襲いかかった。

戦闘では壊左の感情を自身の極道技巧で察知することで、彼に対して優位に立つ。しかし壊左が一瞬の隙を誘うためにばら撒いたタンポポの根のチップにより動きが止まり、そこを彼が新たに編み出した銃弾を模した音速を超える拳「暗刃」を受け敗北した。

戦いが終わり、壊左はタンポポの根のチップで獅門が止まった理由を「母の味を思い出したから」と考えていた。
しかし、彼の腕の中で獅門が呟いたのは…

「お前また…チップの煎りを2秒…サボった…ろ」

という言葉だった。それを聞いた壊左は獅門を止めたのが「母の味」ではなく「自分の味」だったことを悟り、事切れた獅門を抱きしめ泣くのだった。




















そして、舞台は変わって現在。

車の中で祖父の日記を読む極道(きわみ)。その日記には笑顔の獅門とその妻、そして彼らの息子の清一が写っていた。
しかし、彼はその写真を無言で破り捨て、窓から放り投げるのだった…

関連タグ

忍者と極道 璃刃壊左 輝村極道

関連記事

親記事

忍者と極道 にんじゃとごくどう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「輝村獅門」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3889

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました