ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

輝村極道

きむらきわみ

近藤信輔の漫画作品「忍者と極道」に登場するキャラクター。極道陣営の主人公。

怖かったら…叫んでほしい 君の恐怖(こころ)が私にも伝わるよう──…


概要

忍者と極道』の登場人物。

作中におけるメインヴィランにして、もう一人の主人公と呼べる人物。


大手企業ダイバンの商品企画部部長を務める若きエリート社員。イケメンで人懐っこい性格で、交友関係が広い。年齢は恐らく30代前半。

スマホを落としそうになった所を主人公・多仲忍者に拾われたことから「プリンセスシリーズ」仲間となり、彼の初めての友人となる。しのはとは顔を合わせる都度、食事やドライブに誘ったりしており、家族のように慕っている。

好きなプリンセスは第6作の『フラッシュ☆プリンセス』で、同作のダークヒロインヒース様に「孤独な者の味方」ということで惚れこんでいる。


その正体は音羽組傘下・二代目竹本組の裏組長で、『破壊の八極道』を束ねる極道の中の極道。幼少期には「割れた子供達」の初代組長も経験している。

幼い頃の家庭環境と頭に負った傷の影響で感情を失っており、上記の「性格」は表向きの演技でしかない。

一応、「これが哀しみなんだろうな」という「知識」はあるが、感情の思うままに生きることが困難で、愛する人を失ってもは流せず、嬉しい事が有っても心底から喜ぶことができない。

だが、なぜかしのはと邂逅する都度、徐々に「理性」と「感情」に繋がりが戻ってきている。

またそれ以前に、本人は一切気が付いていないが、ガムテとの歪な「親子」関係を続けた影響で僅かながらも「本来の感情(主に怒りと哀しみ)」を取り戻している。


残虐にして豪胆な悪のカリスマであり、仲間の「居場所」を守るためなら手段を択ばない。

作中でもその悪行は群を抜いており、

など枚挙に暇がない。


「はぐれ者の孤独を理解する」という行動理念故に夢澤や殺島を尊敬し、丁重に扱っている。

反面、粗暴で短慮なガムテに対しては非常に粗雑に扱っており、「死んでたりして」と冗談を吐く始末である。

本作における極道は「味方には侠気を見せるが、それ以外には冷淡かつ無関心」という傾向があるが、彼はその最たる例と呼べる。

しかし…


背中のイレズミは「地球をぶっ壊す破壊神シヴァ」。

拳銃匕首を使うオーソドックスなジャパニーズヤクザスタイルだが、その戦闘力はガムテを凌駕するとのことで、シラフの状態で「地獄の回数券」を服用した割れた子供達の0.5㎜にも満たない急所を切り裂いて倒すほど。そのカリスマ性と人心掌握術は戦闘中にもいかんなく発揮され、相手の虚を突き寸分違わずその命脈を断つ。


極道技巧はまだ不明であるが、璃刃壊左を技巧なしの真っ向勝負で倒す、夢澤恒星殺島飛露鬼の技巧を模倣するなど「単純に強い」男である。


関連タグ

忍者と極道 アンチヒーロー 極悪非道 犯罪者 テロリスト

関連記事

親記事

破壊の八極道 はかいのはちごくどう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85082

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました