ピクシブ百科事典

逆襲のにこにー

ぎゃくしゅうのにこにー

逆襲のにこにーとは、にこ神氏がラブライブ!の二次創作イラスト「にこにーはμ'sのパンツが見たい」シリーズで使用しているタグである。
目次[非表示]

概要

μ'sはにこにーのパンツが見たいintermission10-1で実施されたアンケートの結果、2020年8月28日ににこ神氏はにこにーに逆襲をさせることを発表した。
その際のタイトルは「にこにーの逆襲」であったが、実際に始まったときは「にこにーはμ'sのパンツが見たい」シリーズとなっていた。
つまり、にこにーパンツ盗撮チャレンジの矢澤にこが撮影側になった版。

矢澤にこμ'sメンバーにパンツを盗撮されていたことを知り、
逆襲することを誓うところからシリーズが始まった。

以前はにこにーパンツ盗撮チャレンジと一緒にタグが付けられていたが、にこにーはμ'sのパンツが見たい6-1で、過去分含めてこのタグは廃止され、今後一部作品にR-18タグをつけることも発表された。
しかし、μ'sはにこにーのパンツが見たい109は、にこにーはμ'sのパンツが見たい7-1と同時に行われた(矢澤にこがパンツを撮ろうとしたときにパンツを撮られていた)ため、にこにーパンツ盗撮チャレンジと一緒にタグが付けられた。

以下ルールに従って進行していく。

ルール

  1. 1話あたり2~5回の投稿を想定
  2. にこにーのパンツローテーションはにこにーパンツ盗撮チャレンジに従うが、2回目以降のパンツは日付変更の描写がない限り、1回目に投稿したパンツと同じパンツとなる
  3. 対象となるμ'sメンバーのローテーションはにこにーパンツ盗撮チャレンジに従う
  4. μ'sメンバーのパンツは(今のところ)2種類でローテーションする
  5. μ'sメンバには固有のお仕置きが存在し、にこにーによる盗撮を防いだ場合、にこにーへのお仕置きが執行される
  6. にこにーが最後にパンツを撮影したμ'sメンバはにこにーの好きな子になる
  7. にこにーの好きな子はお仕置きを執行されても継続する
  8. にこにーの好きな子には様々な恩恵があり、にこにーパンツ盗撮チャレンジにも反映される


作風

矢澤にこが撮影を成功させた話はなかったが、(2周目の2人目)でようやく初めて成功回が投稿された。
基本的に以下の流れを踏襲している。

失敗時

  1. 撮影準備
  2. 撮影失敗
  3. お仕置きタイム(詳細は後述)

成功時

1~4:撮影に関わる話
5:オナニー

メンバーのローテーションとお仕置き

にこにーパンツ盗撮チャレンジと同じ順番で登場することがルールに記載されているため、
以下順番で進行していく。
1.絢瀬絵里
 パンツを盗撮していたことが矢澤にこにバレた原因を作った。
 六番目に矢澤にこにパンツを見られた。
 お仕置きはお尻ペンペン
2.東條希
 五番目に矢澤にこにパンツを見られ、
 一番最初にパンツを撮影された。
 お仕置きはわしわし
3.星空凛
 一番最初に矢澤にこにパンツを見られ、
 二番目にパンツを撮影された。
 にこにーの好きな子になった際はストーキングされ精神崩壊を起こし、矢澤にこのパンツ盗撮を手伝った。
 お仕置きはキック
4.小泉花陽
 二番目に矢澤にこにパンツを見られた。
 偶然、矢澤にこの撮影を回避し、結果的に矢澤にこにお仕置きとなった。
5.南ことり
 お仕置きはパンツ個別撮影会(の強要)。
6.園田海未
 お仕置きはラブアローシュート(物理)。
7.高坂穂乃果
 三番目に矢澤にこにパンツを見られ、
 三番目にパンツを撮影された。
 お仕置きはビンタ
8.西木野真姫
 四番目に矢澤にこにパンツを見られた。
 お仕置きはパンツ個別撮影会(真姫が被写体)。

にこにーの好きな子

先述のルール通り、矢澤にこが最後にパンツを撮影したμ'sメンバーはにこにーの好きな子となり、以下の恩恵を受けることができる
・にこにーがちゃん付けで呼ぶ
・にこにーがパンツを見せてくれる(ほっといても見えてるが)
しかし、2人目のにこにーの好きな子となった星空凛に対してはパンツを見せる描写は特になく、ひたすら付きまとう状況になり、星空凛は精神崩壊し、矢澤にこの逆襲に手を貸すことになった。(結果は失敗)

関連タグ

にこ神

関連記事

親記事

兄弟記事

コメント