ピクシブ百科事典

金蝉童子

こんぜんどうじ

漫画『最遊記外伝』の登場人物。本編の玄奘三蔵とは瓜二つの容姿であり、原典の西遊記では前世の姿だが、キャラとしては完全に別人として描かれている。
目次[非表示]

「放さねえよ
 掴んだものは もう何ひとつ」

正式な漢字は「金蟬童子」であるが、機種によっては変換できなかったり正常に表示されないことがあるため「金蝉童子」で表記されることが多い。
また、pixivのタグとしては「金蝉」のみの方が使用されている。

概要(ネタバレ注意)

声優は関俊彦
金蝉童子とは、漫画『最遊記外伝』の登場人物
長い金髪と睫毛の長い垂れ目の容姿。
最遊記本編の玄奘三蔵とは瓜二つの容姿であり、原典となる西遊記では前世の姿となっているが、キャラクターとしては完全に別人として描かれている。

観世音菩薩であり、天界での地位は高い。
天界での主な仕事は書類に目を通し、判子を押すだけという退屈な日々に苛まれていた中、下界から異端の存在として連れてこられた悟空の世話を観世音菩薩に押し付けられ、悟空の代わりとなる。
悟空に名前を与えたのも金蝉である。
口は悪いが根は純粋。典型的なおぼっちゃまで苦労知らず、内弁慶で態度も大きいが、体力は皆無で少し走っただけでも息切れしてしまうほどで、完全な戦力外扱いである。
悟空と出会い、友人である天蓬捲簾からも影響を受けて、大切な物を守るべく今までの自分を打破し、強大な力に立ち向かう決意を抱く。


悟空のことを心の底から大切に想っており、ナタクの自害で暴走した斉天大聖を庇って天界中を敵にまわしてしまう。その際、天蓬・捲簾と共に悟空と四人で下界へと亡命を目指すが、李塔天とその他の者の手によって阻止され、最終的に悟空と2人きりで下界へ繋がるゲートへ向かうこととなる。
ゲートの部屋まで辿り着くも追い詰められていたところ、天井の崩れによって下敷きになった李塔天を脅し、ゲートの扉を開くことに成功するが、最期の抵抗で李塔天によって身体を扉に挟まれ、悟空の目の前で圧死させられ消滅する。
悟空は金蝉のことを「太陽みたいだ」と称したが、金蝉にとって悟空こそが太陽であった。


ドラマCD「桜がみる夢」では三蔵と性格だけが入れ替わり、本編悟空が動揺するほど優しい人格になっていることから、三蔵とは完全に違うキャラクターであることが伺える。
 ちなみに作者によると金蝉が、本編の保護者と友人の影響により、口や素行が悪くなった本編悟空を見たらショックを受ける可能性が高いとのこと。(外部リンク)

関連イラスト

悟空とセットで描かれることが多く、親子的なほのぼのとした作品も多い。

金蝉
太陽2


関連タグ

最遊記 最遊記外伝 玄奘三蔵 金蝉 天界
天蓬 捲簾  孫悟空(最遊記)  敖潤 


 「ああ…やっぱり
        ……太陽みてぇだ」 

pixivに投稿された作品 pixivで「金蝉童子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52774

コメント