ピクシブ百科事典

金魚の幽霊

きんぎょのゆうれい

金魚の幽霊とは、江戸時代から伝わる妖怪の一種である。
目次[非表示]

概要

江戸時代の小説家である山東京伝著の「梅花氷裂」に登場する怨霊または妖怪の一種。
名前に「幽霊」と銘打たれてはいるが、妖怪として扱われる事が多い。
また、この名前になったのはかの有名な妖怪作家水木しげるによって名付けられてからであり、原書においては「藻之花の怨魂、金魚に着す」と記されている。

信濃(現在における長野県)にある家に、藻之花という女性が妾として迎え入れられた。
しかし、その家の正妻が隣人にそそのかされ、藻之花が飼っていた金魚が入っている金魚鉢に彼女の頭を突っ込ませて殺害してしまう。
その後、彼女の怨念が鉢の中にいた金魚達に宿って化物となり、怨みを晴らすのであった。
また、その怨念によって正妻も金魚のような姿に成り果てたと言われている。

関連イラスト

藻之花怨霊金魚
魚の夢



関連タグ

妖怪 金魚
幽霊 怨霊

pixivに投稿された作品 pixivで「金魚の幽霊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 994

コメント