ピクシブ百科事典

闇に飲まれよ

おつかれさまです

神崎蘭子が発する、常人には理解の及ばぬ高貴な言葉の数々。
目次[非表示]

概要

 要は一種の厨二病である。14歳だから仕方ない。
 台詞の多くが過剰に比喩的で難解なため基本的には何を言っているのかわからないが、台詞の後に同時通訳がなされておりそれを読んで初めて台詞の意味が理解できる。
 略称は「やみのま!」

派生

 ある種神崎蘭子を象徴するフレーズであり、本人が愛用するのはおろか、伝道を受けた者達による派生版も見られる。(小日向美穂の「闇ん飲ませっ!!」など)

 アナスタシアは毒されやすいのかロシア語風に発音して多大なインパクトをもたらした。
 「シンデレラガールズ劇場(しんげき)」では彼女なりの最大限の感謝表現としてPに対して使用し、このエピソードはアニメ化もされている。言葉の意味やアナスタシアが頻用するようになった背景の解説は一切なかったためこの放送だけを見た人にはまったくわけがわからなかったと思われるが、このアニメはそういう作風である。

 ちヒロポンの過剰摂取によって財布に再起不能なダメージを受けたが、なにも得られなかったPに対して闇に飲まれたと表現することもある。

闇に飲まれよ(お疲れ様ではない)

 『メランコリックエンプレス』の劇場で闇に飲まれた姫役の新田美波が「闇に…飲まれよ!(お疲れ様ではない)」と発言。こちらは文字通りの(闇に飲まれよ)という意思表示であり、混同を避けるため(お疲れ様ではない)と強調している。
 かねてより相方アナスタシアや日本語学習中アイドルが蘭子語に染まるのを危惧していた美波だが、グラブルコラボで蘭子と共に「闇に飲まれよ」(お疲れ様です)と叫ぶなど意外とノリノリで使っており、ついに自ら派生型まで生み出してしまった。

 またデレステの『祝福のシュトラール』の劇場わいど☆にて、蘭子本人(厳密には蘭子の中の悪魔)が蘭子の中の天使にトドメを刺そうとする際「闇に飲まれよッ!(お疲れ様ではない)」と発言。2年の歳月を経て美波から蘭子に逆輸入された形となる。

類義語


同類


これは違う

闇に喰われよ!



関連タグ

神崎蘭子
蘭子語
熊本弁

関連記事

親記事

蘭子語 らんこご

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「闇に飲まれよ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2201523

コメント