ピクシブ百科事典

韓当(真・三國無双)

かんとう

真・三國無双シリーズに登場するキャラクター
目次[非表示]

史実の韓当についてはこちら

概要

プロフィール

名前韓当(かんとう)
義公(ぎこう)
登場ナンバリング『7』〜
勢力
所属軍孫堅軍→孫策軍→孫権軍
田中秀幸
武器短戟
身長172cm
一人称
呼び方あなた(目上)、お前(目下)、あんた(目下)、みんな(複数人)、〇〇殿(目上)、〇〇(目下)、孫堅→大殿(主に孫堅死亡後)、孫権→殿


『7』より参戦。に現れた微笑みの貴公子。決して角田信朗ではない。


人物像

顔には口髭・アゴ髭を蓄え、目尻の下がった薄目など、なんとも人の良さそうな顔立ちをしている。普段は温和な笑みを浮かべているが、発奮すると厳めしい戦士の顔に変貌する。
髪は茶色のソフトモヒカン。額が深刻なレベルで広がっており(所謂Mハゲ)、本人も気にしているのか、イベントシーンでは「また髪が薄く…」とボヤく姿も。
比較的低身長だが、筋肉質。
衣装は「派手過ぎない縁の下の力持ち」と言うコンセプトの下でデザインされた。
『7』腰に下げている手拭いで間違って顔を拭いてしまうという裏設定がある。主に厚手の革が使われている鎧を着用し、右上には「韓」の文字がある。

7韓当さん



『8』前作以上に自己顕示欲を表現したのか「韓」の文字が2倍くらいでかくなっている。手拭いにも「韓」の字を入れて新調している。

性格

自分の影の薄さを気にしており、口を開けば自分の存在のことを気にかけているセリフばかり言っている。黄蓋や程普に比べるとやや威厳にかけるが、いざとなれば後輩達を一喝して軍の指揮を上げるなど貫禄は負けていない。

活躍・経歴

元は遼西郡出身の下働きだったが、孫堅に見出された後、家臣となる。史実や『演義』同様、孫策、孫権にも仕え、呉の水軍の一翼を担う。
戦場ではイマイチ目立っておらず兵達にも存在を忘れられ気味だが、影で活躍している縁の下の力持ち。孫堅から仕えている将の中では1番長く生き、最期まで孫権を支え続けた。

交友関係

黄蓋

韓当と共に孫堅の時代から駆けてきた友人とも言える関係で、和気あいあいとした仲の良さを見せる。

程普

同じく孫堅の時代から駆けてきた将。こちらは明確に韓当の目上の存在であり、「程普殿」と呼んでいる。

戦闘スタイル

専用武器は短戟。以前のタイトルから凡庸武器として登場していたが、本作では韓当専用のムーブが追加され差別化された。各コンボでのやや長めのチャージを限界まで溜めると強力な一撃で複数の敵を巻き込むことが出来るが、その分大きな隙も生まれやすい。

無双乱舞1ではどこぞの特撮映画のようなモーションで、普段の温和な顔からカッと目を見開いた怒り顔に変貌。気合の咆哮で周囲を蹴散らした上で豪快に武器を振り下ろす。2では一人の敵兵をとっ捕まえて「反省しろぉ!」と強烈な頭突きをお見舞いする。

シリーズの動向

『7』初登場。初ステージの襄陽の戦いでは風向きを気にし、韓当の読み通り不運なことが巻き起こってしまう。孫堅が死亡したあとは孫策に仕え、その孫策が于吉によって急死したあとは孫権を支える。夷陵の戦いではチャッカマンを差し置いて火計を実行した。

『8』前作では敵としてしか描かれなかった黄巾討伐から登場。敵に遭遇する度に互いの役回りを気にしている。途中で共に戦場を駆けてきた黄蓋と程普が病死し、先立たれてしまうが、その後も孫呉を支え続けた。孫権が思い込んで悩んだ際には誰よりも彼を気遣い、朱然らを一喝。その後の戦で活躍し、勝利した直後に病死する。その時に孫権に「黄蓋や程普のようになりたがってた時もあったが、今は他人になりたいとは思わない」「自分は自分以外にはなれない」「孫権は孫堅でも孫策でもない、弱く臆病で迷い続ける、しかし情に厚い我らの殿」という言葉を残し、この言葉で孫権はいつもの自分を取り戻すことが出来た。

中の人ネタ?

体格とは裏腹にお人好しな性格や温和な表情といった特徴が、何処と無く中の人のデビュー作の担当キャラクターを感じさせる。

また前述のチャージについても、腰を低く落とした後に横一閃の斬撃を繰り出したり武器を持った腕をグルグルと振り回してみせたりなど、過去の出演作品を彷彿とさせるものがいくつか見られる。

コメント