ピクシブ百科事典

香箱座り

こうばこずわり

猫が手足を折りたたんでうずくまる姿勢。

香箱座りとは、手足を折り畳んでの腹側に押し込み、腹ばいになっている様子をさす。この姿勢の時はたいがい尻尾も胴に沿わせたりお腹の下に入れたりしている。
香道などで使う香箱(本来の意味は文字通り、お香を入れるための)に全体の輪郭が似ていることからこう呼ばれるようになったとされる。
「香箱を作る」という言い方もなされる。

香箱座りをとる理由としては、冷えやすい手足の先端部を保温するためというのが妥当である。
決して「おててを出していないから好きなだけモフモフしていいよ」の合図ではない。

pixivに投稿された作品 pixivで「香箱座り」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 105048

コメント