ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:杉田智和

概要

シュワルツローズ所属の自称No.1プリズムスタァ。岡山県岡山市出身。高校2年生?

語尾に「~ジョイ」を付けて喋る。


「笑顔を絶やすな」という法月仁の指導方針には徹底して忠実で、顔面をムチで殴打されても反抗的な態度はおろか苦悶の表情一つ見せない。

また、法月総帥へのゴマすりもファンサービスも全力でするプロ意識の塊で、その内側に秘められたハングリー精神を見込まれた結果、本来Theシャッフルのリーダーになるはずであった池袋エィスに代わる形で初代リーダーに就任している。


一方、普段の反動からか、楽屋内などカメラが回っていない時は態度が悪く、プリズムスタァでありながら鼻ホジまでしたりしている下品さも見せる。また、プライベートにおいても外車を乗り回したり女遊びが激しい(ただし、実は本命の女性が故郷におり、女遊びに関しても本気で手を出す事も出来ない等、極めて奥手)等、あまり褒められた物ではなく、Theシャッフルのメンバーによると「総帥の仁が色々と揉み消している」との事。

これはおそらく、モデルになったと思われるキャラクターの影響かもしれない…。


初登場時の『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』は、別の人間が声を代役している等から小物臭さの目立つキャラクターであったが、続編の『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』で意外にもキャラクターのクローズアップがされる事になり、視聴者からの印象も多少は変わっている。

また、劇中の活躍から見ても、シュワルツローズ内でのプリズムスタァとしての実力は、如月ルヰ大和アレクサンダーに次ぐ物となっている。


作中の活躍

KING OF PRISM -PRIDE the HERO-

映画2作目で初登場。

プリズムキングカップの一番手として登場する。


どうも歌唱力に難があるらしく、ステージに立った際は池袋エィス(CV:小林竜之)の歌に合わせて口パクでごまかしている。

このステージでジョージが歌っている(ふりをしている)のは『プリティーリズム・ディアマイフューチャー』でラブミックスの持ち歌だった「LOVE♥MIX」である。


KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-

3作目では出番が増え、全体的にコミックリリーフとして活躍している他、第5話では意外なまでの本質や隠された過去についても明らかになっている。


本名は本川則之(もとかわ のりゆき)。岡山県で小さな糸工場を経営する家に長男として生まれ、小学生の頃は現在とは違い太っていて、同級生には「ノリマキ」と馬鹿にされている等、孤独に近い幼少期を過ごしていた。

ただ一人、幼馴染の少女である津山ミヨだけが理解者であり、自分の街も自分自身も嫌いだった少年時代の則之にとって、彼女は初恋の女性で唯一の「本命」であった。


現役時代の法月仁に憧れを抱いた結果、ダイエットをして痩せて、アルバイトで必死に金を稼いだ後、プリズムスターになるべく糸工場を継がせたかった両親の反対を押し切り、半ば家出する形で仁に弟子入りするべく上京。シュワルツローズのへと入り、「歌が下手である」という問題を抱えながらもプリズムスターとしての活動へ必死に専念した(ミヨの父親の葬式にも顔を見せられなかった)結果、精鋭部隊と言える「YMT29」のトップにまで上り詰める事になり、プリズムスターとしてのデビューを飾る事になった。

なお、高校時代からシュワルツローズ入団時の外見は、瘦せていたものの、リーゼントの髪形をしている等、若干チンピラ染みている。


「PRISM.1」で自らの出演が間近となる中、故郷にいたミヨと東京で再会する約束をし、ずっと想いを寄せていた彼女に不器用ながら告白しようとするのだが、彼女は既に結婚を約束した相手がおり、プリズムスターとなって距離が離れた結果、則之の初恋は終わりを迎えていたのだった。

本番を迎える中、傷心していたジョージであったが、シュワルツローズのトップスターとしての意地から奮起し、本番中にトラブルが起きたにも拘らず完璧なショーを演じきって見せた。

その際、3連続目のジャンプからエィスが乱入しているのだが、それでも対応しきって見せた事で「そういうジャンプ」として扱われ、処分を受けずに済んだ。

このショーを評価してか、総帥の仁はエィスをThe シャッフルの新リーダーに任命。そしてジョージにソロでやるよう言い渡される事になった。

このストーリーのエンディングでは、則之の少年時代がクローズアップされており、自分を理解してくれた初恋の女性であったミヨとの約束を果たしながらも、自らの初恋とは別れを告げる事になってしまったジョージの内面を想起させる等、どこか物悲しさのある物となっている。


「PRISM.1」での出演後、良い意味で解釈すればソロを任される程優秀と認められたという事になる一方、ジョージは変わらずエィスの声で歌うようだが、流石にこの事に関しては仁からも「少しは歌の練習をしろ」と釘刺される事になっている。

果たして今後の続編で、ジョージの歌は披露されるのか?


関連タグ

法月仁 如月ルヰ 大和アレクサンダー

坂田銀時:モデルになったと思われるキャラクター

関連記事

親記事

KINGOFPRISM きんぐおぶぷりずむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1368564

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました