ピクシブ百科事典

鮎川天理

あゆかわてんり

漫画・アニメ『神のみぞ知るセカイ』の登場人物。
目次[非表示]

CV:名塚佳織

プロフィール

ジョブ:一方通行幼なじみ(作者ブログでは「過去から来た女」)

誕生日1月3日
血液型A型
身長157㎝
体重47㎏
スリーサイズ84-57-84

人物像

 主人公桂木桂馬幼馴染。10年前から桂馬に好意を抱き続けている一途な少女。色々とアレな桂馬の言動・性格(母である桂木麻里やバディのエルシィも概ね呆れ気味)を全く問題視しない唯一の作中人物。
 女神の一人「ディアナ」を宿す。彼女が表に出てくると、目付きがやや鋭くなり、瞳の色が変化する(青→赤)。

 特技は手品将棋も結構強い。趣味はプチプチを潰すこと。髪型は三つ編みで、就寝時のみほどいている模様。
 欲の薄い性格で、七香編で「今以上なんて考えたことがない」と発言した他、桂馬とくっつけようと画策するディアナに対して「近くにいれるだけで十分幸せ」と語っていた。
 人目を憚らないにも程がある桂馬を「強い」と評する、過去編において桂馬の指示に疑問一つ呈さず従う、「私が好きなのはゲームをしている桂馬くん」など、桂馬を強く信頼している。また、桂馬は攻略時には一級の役者と化すが、天理はその演技と素の状態を見分けることが唯一出来る。

作中での活躍

幼馴染はメカクレ少女
天理マジック!


 天理編当初はメカクレキャラで、桂馬をエスカレーターから突き落とすなどヤンデレ的な行動が見受けられたが、後にその原因はディアナとの行動の不一致であることが判明した。終盤以降は髪を切り、瞳が見えるようになった。

 女神編では、女神を宿すことが既に判明しているヒロインという立場上出番は多くなかったが、舞高祭後の桂馬を励ますなど、重要な役割を果たした。

 過去編では冒頭において全ての段取りを整えたり、小学1年生当時の天理が桂馬と行動を共にするなど、物語全般のキーパーソンとなっている。

 アニメにおいては、2期最終回のエンディングにおいてディアナとセットで1カット放映された。その後、OVA(上下2巻)で「天理編」→テレビ3期「女神編」と登場している。

名前について

 名前の由来は、恐らく近鉄天理線天理駅である。また、同様にほかのキャラクター名も近鉄の駅名が由来である。なお、天理駅の2つ隣に二階堂駅がある。

関連イラスト

神のみ
花言葉は「私のもとへ帰って」


天理の初夢
もうすぐ会えるね!


関連タグ

桂木桂馬:幼馴染み
エルシィ:一応友達
榛原七香:クラスメイト
ディアナ:宿っている女神
中川かのん/九条月夜/五位堂結/汐宮栞/高原歩美:天理と同様の女神の宿主

神のみぞ知るセカイ/神のみ
幼馴染/メカクレ/三つ編み
天理ちゃんマジ天理/TOYOTA

pixivに投稿された作品 pixivで「鮎川天理」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 744466

コメント