ピクシブ百科事典

鷲尾弘美

わしおひろみ

「鷲尾弘美」とは、「柔道部物語」の登場人物である。「俺って馬鹿だあぁ~~~っ!!!」
目次[非表示]

概要

鷲尾弘美」とは、小林まことの柔道マンガである「柔道部物語」に登場するキャラクターであり、主人公:三五十五の先輩である。

解説

主人公:三五十五の、岬商業高校柔道部の一学年先輩であり、小柴哲也平尾勝の同期であり、主将を務める。

黄金期の礎



体格が馬鹿デカく、パワーや、ファイトと負けん気も部内一。
しかし、自信過剰で自意識過剰、ついでに集中力に欠けるため、タイトルには恵まれなず、「無冠の帝王」と呼ばれてしまっている。

また、粗暴な気性を持つ「暴れん坊」であり、試合中だろうがなんだろうが、何かにつけては暴れ出し、周囲に止められるのがお約束
この調子で後輩にも接するため、後輩たちには恐れられているが、マヌケな、要は「基本バカ」なため、どこか憎めない三枚目扱いとなっている。
しかし、「おはつ」(しごきの一種で、坊主頭を止めた二年生の頭を、何かのモノで叩くことをする)で「こたつ」を持ち出すのは、あの、ちょっと。

インターハイ団体戦の現役最終戦、対耕談館浦安戦での奮闘ぶりは、今でもファンの語り草となっている。

作中で一番目立つキャラであり、本作品の最終回にも登場し(なんと警察官となっていた)、その最後のコマでは主人公である三五を差し置いて、一番大きく描かれている。

モデルは小林まことの高校柔道部時代の先輩であり、なんと「三五」さんという。
(なお、読みは「さんごう」となる)

また、森川ジョージボクシングマンガ『はじめの一歩』の先輩キャラである「鷹村守」のモデルである、と言われている。

他作品

小林まこと作品の例に漏れず、スターシステムで他作品に「出演」をしている。

『1・2の三四郎 2』
1・2の三四郎2
「プロ柔道」(という架空のプロ格闘技団体が登場する)の素人参加イベントに「警察官としての勤務中にも関わらず」参加し、見事に負けていた。

『沓掛時次郎』
ヒロイン「おきぬ」の夫である「六ツ田の三蔵」役で「出演」。
一宿一飯の恩義」が故に、敵方に手を貸していた主人公「沓掛時次郎」との果たし合いに挑み、斬られ、果ててしまう。
この一件が物語の始まりとなる。

「柔道部物語」とは異なり、終始一貫「男前」として描かれている。

関連タグ

小林まこと
柔道部 柔道
先輩
こいつおまわりさんです

pixivに投稿された作品 pixivで「鷲尾弘美」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 213

コメント