ピクシブ百科事典

柔道部物語

じゅうどうぶものがたり

「柔道部物語」とは、小林まことの柔道マンガである。「俺ってストロングだぜぇ!!!」
目次[非表示]

概要

柔道部物語」とは、小林まことによる柔道マンガである。
1985年から1991年まで、「週刊ヤングマガジン」にて連載された。

高校生の時に柔道部に所属していた、柔道経験者である小林まことの経験と、柔道描写のリアルさと「熱さ」、そして柔道に対する造詣の深さと敬愛が存分に発揮された、「柔道マンガの金字塔」ともいうべき作品となっている。

高校柔道部の部活動の内容や、
(「女にモテない」ことや、「セッキョー」や「おはつ」などのしごき描写も含む。なお、小林まこと本人は、「しごき」行為自体は否定している)
柔道関連の描写のリアルさから、
(選手生命に関わる怪我の描写もある)
実在の柔道選手、例えば吉田秀彦古賀稔彦野村忠宏たちなどからの評価も高く、未だに人気がある作品である。

連載初期は「柔道部生活」の描写に重点が置かれていたが、古賀稔彦に応援されてからは「主人公:三五十五の成長物語」へと内容が変化していった。

他の漫画家にも影響を与え、河合克敏の柔道マンガである『帯をギュッとね!』はその代表となる。
その一方で同作は『1・2の三四郎』の影響も受けているため、その作風の違いがよく比較される。

あらすじ

主人公:三五十五は、入学した「岬商業高校」で、「先輩に騙されて」柔道部に入部することになってしまう。

「セッキョー」などのしごきや他校との合同夏合宿の厳しさに翻弄されながらも、なんだかんだと柔道部生活を満喫していく。

そして夏休み後の県大会で必殺の「背負い投げ」を習得、初披露し、その「天賦の才」を開花させる。

その後、様々なライバルたちとの好試合を繰り広げていったが、「西野新二」と出会い、「打倒西野」へと燃えていくことになる。

主な登場人物

岬商業高校

三五十五(さんご じゅうご)
主人公。
先輩である小柴に騙されて柔道部に入部。
しごきや合宿の厳しさにへこたれながらも部活動を続けていたが、一年時の県大会にて「背負い投げ」の才能が開花し、岬商柔道部躍進の牽引役となる。
後に「西野新二」と出会い、「打倒西野」が目標となる。

秋山一郎(あきやま いちろう)
三五とは小学生からの幼なじみで、共に岬商柔道部に入る。
腕を上げレギュラーとなるが、挑発を受けた結果、試合で西野に怪我をさせられてしまう。

名古屋和彦(なごや かずひこ)
三五の同級生の柔道部員。
なのだが、その天才的な手抜き技やサボり術、そして「謎の八百長(しかも敢えて負けてる)」シーンなどで「柔道部物語のコメディリリーフ:名古屋」として、ある意味で、本作品の代表的キャラクターとして有名である(笑)

小柴哲也(こしば てつや)
三五の一学年先輩。
三五を「騙して」柔道部に入部させた張本人。
普段は口先だけの男に見えるが「運動神経は抜群」で、いざという時には活躍する。
なんだかんだで憎めない先輩である。
モデルは小林まことの元アシスタント「こしばてつや」。

鷲尾弘美(わしお ひろみ)
三五の一学年先輩で主将。
体格、パワー、ファイトと負けん気も部内一。
但し、自信過剰で自意識過剰、集中力が今一つのためタイトルには恵まれない。
粗暴な気質でもあり、何かにつけて暴れ出しては、周囲に止められるのがお約束
作中で一番目立つキャラであり、最終回の最後のコマでは、三五を差し置いて大きく描かれている。

平尾勝(ひらお まさる)
三五の一学年先輩で、小柴と鷲尾の同級生。
作中では数少ない常識人で、副将となり、主に鷲尾の抑え役かつチームのまとめ役となる。
部活動最後の試合での、鷲尾との台詞の掛け合いは有名なシーンの一つである。

五十嵐寛太(いがらし かんた)
岬商柔道部の顧問。
通称「五十嵐先生」。
現役時代はオリンピック代表候補であったが、代表にはなれなかった。
「天才肌」の選手であったため、指導者には向かず、その意欲も無かったが、部員達の訴えにより、「俺ってストロングだぜぇ!!」自己暗示法などの独自な理論で(笑)三五たちを指導していく。
愛車「マドンナ」(ダイハツミラ)のエピソードなど、作中では基本的にコメディリリーフである。
モデルは小林まことの高校柔道部時代の恩師。
マンガとは異なり、「恐れ多い人物」であったそうだ。
その恩師が経営している接骨院に、本作品が全巻置いてある、という逸話もある。

耕談館大学付属浦安高校

西野新二
三五と同学年の、作品終盤の三五のライバル。
高校生にして重量級のパワーと軽量級のスピードを併せ持つ、国際大会レベルの実力者。
また、小柄な身体を鍛え上げた努力家でもある。
しかし傍若無人な性質で、対戦相手に容赦なく怪我をさせる柔道をする事から忌み嫌われていた。
実は幼い頃、いじめられっ子であり、それを克服するために柔道を始めた結果、自身の強さに振り回され、自暴自棄となってしまっていた。
「打倒西野」に燃える三五と、作品終盤で対戦する。

関連リンク

柔道部物語 - Wikipedia

小林まことさんに聞く[完全版](1)│会報第53号│同窓会会報│新潟商業高等学校 葦原同窓会

関連タグ

講談社
ヤングマガジン 週刊ヤングマガジン
高校 部活動
柔道部
柔道

pixivに投稿された作品 pixivで「柔道部物語」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18793

コメント